ここから本文です

皇室の宮家の「〇〇宮」の名前の由来はどこから来ているのですか? 三笠、高松...

xx_********さん

2016/10/2720:43:01

皇室の宮家の「〇〇宮」の名前の由来はどこから来ているのですか?

三笠、高松、秋篠、高円、秩父、などなどです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,617
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tes********さん

2016/10/2816:19:06

秋篠宮の宮号は、今上天皇が宮家創設の際に命名されました。
ご成婚の時にテレビで特別番組が放送されましたが、その中で秋篠宮が独身の時から秋篠の地を愛し、たびたび訪れた場所であり、その点を今上天皇が考慮されたとのことです。

今上天皇の弟宮である常陸宮は昭和天皇の命名。
常陸国は茨城県の古名で、「日出ずる国」を意味するめでたさからの由来。

昭和天皇の弟宮である秩父宮は昭和天皇の命名。
秩父宮は登山家でもあり、秩父がお好きだった為。
高松宮は京都御所内にある土地の名、高松から。

三笠宮は歴史好きな弟宮の為に、奈良市の三笠山から命名。
高円宮は父宮の宮号の由来となった、三笠山の近くにある高円山から命名。

宮号は時の天皇の命名。
宮ご自身のお好きな場所や、縁起の良い土地にちなんでいる様です。
明治以前はこの限りではないと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sur********さん

2016/10/3015:51:22

高松宮は祭祀を受け継ぐことになった有栖川宮の別名高松宮からです。


有栖川宮の初代は江戸時代初期の好仁親王で、祖母の別邸高松殿を邸宅としていたので「高松宮」と呼ばれていました。その後有栖川宮に改名されました。
大正時代嗣子がおらず断絶しましたが、江戸時代からの宮家の名を惜しんだ大正天皇が、自分の皇子に有栖川宮の孫徳川喜久子をめあわせることとし、祭祀を継がせました。
そのため「高松宮」となりました。


三笠宮は奈良の三笠山
高円宮は三笠山のそばの高円山
秋篠宮は奈良の秋篠寺
常陸宮は奈良時代以降、親王が国守となった(親王任国)常陸の国から
秩父宮は武蔵の国(東京の中心部)の名山である秩父嶺

abc********さん

2016/10/2722:57:07

古典文学に詳しい学者が候補を作って、天皇陛下が決めます。

秋篠宮の場合は、これは奈良県奈良市の古の和歌に名高い秋篠の地名を取りましたが
他の候補は、親王任国(江戸時代に親王に与えられていた国)である上野国(今の群馬)を由来とした、上総宮、上野宮などの候補があったようです。

宮号が新しく出るということは、親王が独立して新規に宮家を創設するということですから、前例がなくても構いません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる