ここから本文です

競馬血統で、納得できるものはどれですか?

s15********さん

2016/11/308:46:47

競馬血統で、納得できるものはどれですか?

①母父トニービンは、その馬に体力を与えたり、年齢による落ち込みを防止したりする。
硬さが出て少し疲れやすいので、感覚をあけながら使いたい。


②母父ノーザンテーストは、回収率的には、
2200~2600㍍くらいが良いも、
1600㍍くらいが一番合う。
また、牝馬に強い馬が出やすい。
間隔が詰まっても、苦にしない。
ダイワメジャー、カンパニー、エアグルーヴ等。


③母父ブライアンズタイムは、
ダートの方がアベレージがよく、GIでは今一つ結果が出てない。
芝の1600㍍以下の成績は冴えないもので、
特にマイルがよくない。
ダートは、短距離でも走れる。
芝もダートも短縮には効果がある。


④母父ダンシングブレーヴ、父ダンシングブレーヴは、洋芝の多い冬、春の中山も得意。
クリールカイザー、ホッコーブレーヴ、
ラスカルスズカ、クラレント等。


⑤エルコンドルパサーは、体力がかなりのレベルである。距離が大幅に延びたり、重になったりしてレース質が重くなると、喜んで走る。
間隔をあけるのは苦にせず、半年の間では安定。
芝の2200や2500㍍など、中途半端な長距離は得意。
トウカイトリック等。


⑥ステイゴールド産駒は、スタミナはあるが、
体力系でなく、
延長の非根幹は良くない。

閲覧数:
134
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moo********さん

2016/11/323:14:22

結局、有名な馬しかデータしないのであれば回収率とかいう言葉を使っても意味を成しません。

質問した人からのコメント

2016/11/8 01:23:57

マイナーもありますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる