ここから本文です

債権回収について支払い催促について教えてください ●支払い催促は裁判所が送っ...

アバター

ID非公開さん

2016/11/723:33:17

債権回収について支払い催促について教えてください

●支払い催促は裁判所が送ってくれるようですが、これは内容証明郵便?普通郵便どちらで送られているのでしょうか?

●支払い催促をして相手が意義を申し立てた場合、通常基礎となるようですが裁判費用は私と相手はどちがが支払わなきゃいけないのでしょうか?

●支払い催促をして相手が意義を申し立てた場合、私は弁護士をつけなくてはいけないのでしょうか?


●支払い催促をして相手が意義を申し立てた場合、相手が弁護士をつけた場合ですが、その相手の弁護士の費用は私が払うのですか?相手ですか?それとも勝つというより、相手に支払いの命令がくだったら相手が私の分と相手の分」の弁護士費用を払うものでしょうか?

●支払い催促は裁判所の方がわたしの話しをいて、考えてくれて書いてくれるのでしょうか?
文面は私が考えて内容をそのまま裁判所の方が記載するような感じですか?

●同封されている異議申立書に必要事項を記入をして、14日以内に裁判所に送り返すことで異議申し立てが行われ、債権者との話し合いの場を取れることが出来ます。
この時、よほど悪質な債務者でなければ裁判所からは和解を促されることが多いため、その席で元金と利息・損害金などを返済能力と照らし合わせて、債権者と今後の返済計画を進めていくことが出来るようになるのです。
とネットに書いてありましたが
支払い催促を出して、相手が異議申し立てをした場合、通常基礎になるのではないのでしょうか?
基礎の前に和解?と言う話しあいが私と相手であるのでしょうか?

閲覧数:
246
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ulu********さん

2016/11/803:08:16

支払い督促は、簡易裁判所が債権者の一方的な請求をそのまま特別送達してくれるため、金銭消費貸借など事実関係に争いのない債務名義の取得方法で、債務者に争いがある場合を想定し異議の申し立て機会がありますので、督促状とは違う法的請求行為です。

申し立て自体が債権者の一方的な請求ゆえ、争いになることも多々あり通常裁判に移行しても弁護士は必要有りませんし、極めて一部の例外を除き日本の裁判で弁護士を使う場合の費用は依頼者負担になります。

申し立て費用の印紙代などは敗訴した側の負担になります。

当初から争いが想定される場合は、支払い督促より通常訴訟の方が無駄がありません。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

iso********さん

2016/11/800:00:53

裁判なんて自分でできるなら自分でしたらいいんじゃないですか?
ちゃんと書類に事実と主張を法律どおりの要件事実にあてはめて書いて証拠書類も集めて証拠趣意書も書けて
法律構成ができるのなら弁護士なんていりません。

自分でやればいいだけですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる