ここから本文です

現在石油が安い理由は産油国の採掘量が多いからですか? 需要と供給の関係で価...

gan********さん

2016/11/919:45:28

現在石油が安い理由は産油国の採掘量が多いからですか?

需要と供給の関係で価格が変動すると認識しているのですが、
他に石油価格を左右する要素はありますか?

閲覧数:
21
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fun********さん

2016/11/919:51:19

産油国同士の思惑も有ってなかなか単純ではない
ようですね。

サウジのような産油大国が自分の所が有利になるように
採掘量を調整すると弱小産油国は太刀打ちが出来ず結局
大産油国の言いなりになってしまうというようなことも
有るみたいですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

par********さん

2016/11/1019:12:14

根本は需要と供給なバランスで価格が変動します。
ところが、既に投機商品化されてしまっていて、「減産」と聞けば
投機を集めて急に高騰するのが、実態です。

近年、2度の大きな高騰がありました。
引き金となったのは、中国の需要の伸びでしたが、お陰で世界中で
原油が探され、シェールオイルまで掘れる様になりました。
産油国も投資家も、原油は高いに越したことはないわけですから、
値上げ圧力は常にある、と自覚した上で供給過多であることは誰の眼
にも明らかですね。
「減産だ」「テロだ」「在庫が減った」と言えば一時的でも値上がり
しますが、掘れる原油は無尽蔵に近いほどあるとも言えます。

もちろん、投機資金の量にもよりますが、直近の高騰の要因は豊富な
アメリカの金融緩和資金だったとも言われます。
株価が上がれば原油にも流れて値上がりしそうですね。
原油価格の上下は、むしろ投機によって動かされていると言える時代
になってしまったと言えそうですね。

pro********さん

2016/11/919:50:53

シリアなどで、悪の限りを尽くしているIS(イスラミックステート)の資金源は、シリアの油田の権限を持っていた人たちを騙し殺戮して得た油田から採掘される石油です。 そこで世界でも有数の産油国であるサウジアラビアとアメリカが話し合って、ここしばらく石油の値段を意図的に下げてISに資金が回らない様にしてきたのが、石油の安値の原因とされている様です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる