ここから本文です

工務店のものです。木造2階建て省令準耐火について勉強させてください。(確認さ...

hak********さん

2016/11/1417:30:51

工務店のものです。木造2階建て省令準耐火について勉強させてください。(確認させてください)
以下の仕様で正しいでしょうか?

(フラット35などの絶対的な細かい仕様は書いていません)

・間柱は30mm
・1F壁 PB12.5 天井 PB強化12.5
・2F壁 PB12.5 天井 PB12.5

・階段周りは先にPB張り

・1Fの壁は通常梁までのPBのところを、天井高(CH2500)で止め、その代り1F天井裏にロックウールを敷き詰め気流止め(PB接続部に野縁を多く設置したくないため) + 各部屋の間仕切りの上にはロックウールを半分にしはめ込み気流止め(2Fも)


正しい考え方でしょうか?ご意見を聞かせていただければ幸いです。

閲覧数:
232
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2016/11/1607:40:16

①「間柱」については、書かれているサイズでも大丈夫でしょう。

②「繊維強化プラスターボード」については、上階がある1階部分には必要ですが、上階が無い部分は不要です。

③2階もそのままで良いでしょう。

④階段については「側板」の厚みが一定以上であれば、必ずしも「先貼り」でなくても大丈夫ですよ。

⑤PBを梁にまで先に貼る方が、手間はかかりませんよ。 「気流止め」は断熱材の性能を発揮するには「有効」ですが、これでは「防火区画(あくまでも省令準耐火として)」にはなりませんから、必ず「ファイアーストップ材」を使用してください。

⑥あなたは外部の「軒裏の規定」に触れていませんが、この部分にも「30分耐火」が必要になりますので、注意してください。

⑦「住宅金融支援機構の仕様書」を基にした場合、色々な規制がありますので、「JBN(工務店サポートシステム)」の様な団体に加入した方が有利ですよ。
http://www.jbn-support.jp/fireproof/index.html

「補足」があれば「追記」が可能です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる