ここから本文です

東海道線根府川駅ホームについて教えてください。 根府川駅ホームの跨線橋の足の...

bab********さん

2016/11/1710:24:24

東海道線根府川駅ホームについて教えてください。
根府川駅ホームの跨線橋の足の長さが2番線と4番線では違っています。

2番線(写真)は橋脚の下に50cmほどのコンクリート土台が有りますが4番線には有りません。橋脚全体的に底上げしておりますが、4番線の橋脚にはその形跡が有りません。
その理由を教えいただけませんか。
また海側4番線外側にレールが敷いてありますが、これはなんの名残なのでしょうか。
宜しくお願いいたします。。

橋脚,跨線橋,東海道線根府川駅ホーム,コンクリート土台,海側4番線外側,古レール,支柱

閲覧数:
96
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

魚足さん

2016/11/1712:33:32

跨線橋と階段部の支柱のホーム面の補強のための台座ですね。2・3番ホーム部分は4番ホームより負荷が大きいですから。古いホームなのでホーム面の下はたぶん砂利、支柱の古レールはそのまま設置できません。
(初めからあったのかどうかはわかりません)
跨線橋4番線側は昭和40年前後に改築されたようで、鉄材も2・3番側(古レールが多い)と一部違います。

4番線の外側のレールは、1番線の貨物専用線があったころの留置線の一部です。

  • 質問者

    bab********さん

    2016/11/1722:58:46

    回答ありがとうございます!支柱の補強ということで納得できるのですが、仮に最初からの処置だとすると、階段部分に3段くらいの追加階段が有る理由が分かりません。この部分は明らかに追加されているので、50cm底上げする理由が何か有ったのではないかと思うのですが、考えすぎでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる