ここから本文です

出産後に養子縁組委託を予定しています。赤ちゃんに専門の治療が必要になった場合...

プロフィール画像

Yahoo!スタッフ

jpkodomo_engumi_questionさん

2016/11/2411:47:41

出産後に養子縁組委託を予定しています。赤ちゃんに専門の治療が必要になった場合どのようになりますか?

産婦人科に勤務している医師です。中絶時期を過ぎ「産んでも育てられない」という妊婦さんが受診にこられました。出産後すぐに、養子縁組で赤ちゃんを育ての親に委託することを希望されていますが、健診で赤ちゃんの体重が少し小さめだということが分かっています。赤ちゃんが新生児搬送となった場合や、NICUなどで専門の治療が必要なった場合でも委託は可能なのでしょうか? その後の、養子縁組はどのようになるのでしょうか?

閲覧数:
98
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

駒崎 弘樹の画像

専門家

2016/11/2411:47:41

赤ちゃんが産まれた直後に、NICUなどで専門の治療を受ける必要がある場合、赤ちゃんに適切な医療処置や治療を施したのち、育ての親へ委託するということが一般的でしょう。しかし、継続的な入院・治療が必要な場合や、重度の障害が残る心配がある場合は、赤ちゃんの治療を優先する必要があるため養子縁組委託が難しい場合もあります。

育ての親は委託前に養子縁組支援団体から赤ちゃんの持病や治療計画なども含めた出生の詳細の報告をきちんと受ける必要があります。また、特別なケアを必要とする赤ちゃんを育ててゆく覚悟と、退院後に赤ちゃんが通院する病院や担当医と話し合いながら、治療計画をしっかり立てていくことを求められます。支援団体はそれらをサポートしなくてはいけません。

医療関係者の皆様には赤ちゃんの健やかな育成のためにも、ぜひ、支援団体への情報共有とともに、診断書、紹介状などのご用意をお願いしたと思います。

なお、養子縁組について家庭裁判所における審判が下りるまでの期間は、産みの親が親権者となります。

日本こども縁組協会では、他団体が関わる養子縁組ケースについてもご相談をお受けしています。医療関係者の方に向けた特別養子縁組に関する座学講座なども出向いて行っております。当協会でお力になれることがありましたら、どうぞご相談ください。

回答した専門家

駒崎 弘樹の画像

駒崎 弘樹

日本こども縁組協会

子どもたちが家庭で育つために養子縁組があたりまえの日本社会を目指して

フローレンス代表理事  駒崎弘樹 1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。