ここから本文です

新しいレンズほど大きくなっていくのは何故ですか。技術が進歩したなら性能を上げ...

yam********さん

2016/11/2713:46:52

新しいレンズほど大きくなっていくのは何故ですか。技術が進歩したなら性能を上げて小さく出来ませんかね。シグマのレンズなんてどんどん大きくなって行っています。

閲覧数:
206
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

かめださん

2016/11/2816:23:45

解像度を上げるために径が大きくなるなんて、おとぎ話です。カメラレンズは、口径分の理論解像度とは程遠い解像度しかえられない、結像性能で設計されて来ました。カメラレンズの精度なんて、現代の加工技術の限界に比べて1桁下でした。

デジタルになって、誰でも拡大できるようになって、(それでも気にしない人は多いですが)きちんと解像するレンズが求められるようになりました。レンズの加工精度を上げ、残存収差を減らして点が点像になるように性能を上げるために、レンズ枚数を増やした結果、大きく重くなっています。

技術が進歩しているので、そこまでの性能で設計でき、製造でき、買える値段で売れるのです。

性能を上げて小さくしたのが、マイクロフォーサーズや、コンパクトデジカメで、皆さんが大きな撮像素子を望むから、比例して大きなレンズが必要なのです。フォーサーズのレンズは小さな撮像素子なのに大きいと誹りを受けていましたが、どのレンズも、現在の2000万画素を越えて使っても、十分な性能があります。つまり、あのくらいの大きさが必要だったのです。2倍の大きさのフルサイズなら、2倍の大きさ、4倍の面積、8倍の体積(重さ)に拡大する必要があるのでしょう。

質問した人からのコメント

2016/11/28 22:22:36

説得力がありますね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2016/11/2811:17:24

単に大口径レンズを提供するようになったからでは?
昔と同じ性能のレンズであればサイズも変わらないと思いますが。

dum********さん

2016/11/2800:01:06

まぁ、穿った見方で申し訳ないです。

レンズ成形精度を上げて少ない枚数で構成するのと、各レンズの精度を下げて枚数で補正をかけるのと、どちらがコスト的に有利か?という話ではないでしょうか?。

koj********さん

2016/11/2723:32:21

技術は進歩しましたが、退化した部分もあります。環境問題が叫ばれ、レンズの素材も鉛を使わない、「エコガラス」になりました。同じ性能を得るために、レンズの枚数が多いなり、大型化しています。

lyn********さん

2016/11/2720:00:02

レンズが光を集めるのが目的である限り、大口径のものほど性能を上げやすい。
ただし徒らに大口径化するとそれに伴って諸収差が発生しやすくなる。
それを抑えるためにカネのかかる異常分散レンズ、非球面レンズの使用や高性能のコーティングを施す。
当然重くなり高価なレンズになる。

技術が進むことで一部の高級レンズにしか使えなかった技術が安い製品にも降りてくる。
アスフェリカルのガラスレンズをプラ製に置き換えても十分な性能が出せるようになる。
軽く安い高性能レンズが作れるようになったのは、技術が進んだため。
ただしレンズだけは相変わらず大口径が有利なのは、カメラがレンズを使う機械である以上変えられない。

yan********さん

2016/11/2717:04:41

良く調べたことないけれど、他の方もおっしゃっているように、画質を良くするため。

収差や歪みの補正、軽量化にはEDレンズや、非球面レンズが欠かせないが、F値の明るい良いレンズを作るには、前群は大きい玉(レンズで)多くの光を取り入れるのが鉄則。

判りやすく言えば、入力する情報量(光量)が多い、ということ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる