ここから本文です

三国志の曹操と馬超について。

hur********さん

2016/11/3013:35:59

三国志の曹操と馬超について。

馬超伝で気になるところ。
「馬超と韓遂は曹操に大敗したが、なお異民族の支持を保っていた。
楊阜は曹操に忠告したが、曹操は北方の有事(蘇伯と田銀の反乱)を優先して、馬超を追討せずに帰った。
はたして馬超は再び異民族を率いて、涼州を乱した」

曹操の中で「蘇伯田銀>馬超」なのが納得いかないというか…。
「河間>関中」と言い換えたとしてもです。

だいたい留守番の曹丕と程昱がしっかり対処しており、最終的には曹仁が鎮圧しています。
曹操の出番は無いのに(武帝紀でもスルー)、帰る意味あったのか。

曹仁がこの時に7軍(3万)を率いたということは、反乱の規模自体は大きかったのかもしれませんが、どんな人物だったか記録に残ってもおらず、強敵と言える存在ではなかったはずです。

『山陽公載記』は評判最悪な史書で、『曹瞞伝』と並んで曹操を貶める意図が強いので、曹操による馬超age記事は信用できませんが、逆に曹操が馬超を軽視したとも考えにくく…。

閲覧数:
303
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kou********さん

2016/12/218:15:08

まあ、地理的な問題でしょうね。河間と言えば、すぐ隣が曹操の拠点の魏郡ですから。

武帝紀でスルーされているあたり、曹操が馬超討伐している間に鎮圧されたのでしょうけど、タイミングがやや不明。まあ曹操が西へ行った7月以降の反乱なのは確かでしょう。曹仁が潼関から転進しているところを見ると討伐は9月以降か。

曹仁が先発隊で、曹操は安定方面の楊秋を降し(10月)、ひとまず関西を平定して引き返したんでしょう。引き返したら、すでに曹仁が破っていたと。馬超は涼州に逃走しており、手元には人質の馬騰がおり、まあ、とりあえず、こっちは一段落、といったところでしょうね。

河間の反乱が万が一、大事になると大変ですし、曹操自身が帰還して民心を安心させる必要もあったかもしれません。まあ、それに、呉の動きがありますから、そうそう涼州に長滞在できないのはあったでしょう。涼州に逃げた馬超らは夏侯淵に任せて、主力は中央に戻せばよい、というところでしょう。
実際、この後は夏侯淵だけで馬超らを討伐しましたし。

質問した人からのコメント

2016/12/4 19:28:38

お二人とも、御回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

imi********さん

2016/12/101:44:07

この時点で馬超を警戒しろという方が無理な気もしますが。実際に、先の馬超、韓遂の乱についても、発案こそ馬超ですが、勢力としては韓遂の方が大きかったわけですし。その韓遂をほとんど裏切った形の馬超がたとえ再び反乱を企図したとしても、あまり兵力が集まるとはみなせないでしょう。異民族の支持は怖いですが、反乱の主力が異民族ならば、涼州から出ることは難しいでしょう。そして、この時点ではそもそも曹操に涼州をしっかり治めるだけの地盤がないのだから、馬超が反乱しようが構わないし、あるいは馬超が反乱しなかったとしても、結局他の誰かが反乱するのではないでしょうか。異民族ならなおさらです。結局、大軍を動かして馬超を追っても、そもそも捕まるかわからないうえに、たとえ殺したところで効果のほどもそう見込めないでしょう。それよりも、北方の反乱、そして、曹操が中原を留守にすることでほかに飛び火するかもしれない反乱の可能性を潰したかったのではないでしょうか。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる