ここから本文です

K2戦車は って実際のところ10式戦車と張り合える性能ですよね?

アバター

ID非公開さん

2016/11/3018:51:05

K2戦車は って実際のところ10式戦車と張り合える性能ですよね?

理由として

主砲にラインメタルの55口径砲を採用してある

複合装甲は60年代のソ連に現在の戦車相手に通用する物を作れたのだから50年後の先進国の一角である韓国に充分な性能を持つ装甲が作れないはずがない。

FCSは手堅く、フランス製の物を改良して使っているようですので、命中精度はかなりのものでしょう。

パワーパックの問題もあれはいわゆる初期不良という奴です。
量産型になれば解決されるはずです。

それに地味に油気圧サスペンション装備

主砲の性能

k2>10式戦車
=

機動性

10式戦車>K2

装甲

10式戦車>k2
=

こんな感じですかね?

補足そういえばk2の複合装甲が炭化ケイ素系セラミックだと言っている人がいるのですがソースってどこかわかりますか?

K2,k2&gt,油気圧サスペンション装備,主砲,K2戦車,トランスミッション,戦車

閲覧数:
8,237
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ghh********さん

2016/11/3022:27:05

カタログ性能でいうなら間違ってはいません。
ただ、10式戦車に張り合えるかというとどうでしょうか?

調度、韓国車と日本車を比べたのと同じような結果が出るはずです。

日本は戦後半世紀以上に渡って戦車開発を継続しており、10式戦車は4代目の戦車開発となります。初代60式戦車は世界の戦車水準からかなり劣ったものであり、2代目の74式戦車は世界の水準から一回り遅れたぐらいの戦車、3代目の90式で世界水準の戦車となり、4代目の10式で世界最先端の戦車となりました。

韓国の技術力は低く、新規で戦車を開発したのはK-2が初めてです。その結果、エンジン、トランスミッションなどで不良が見つかり、制式化が非常に遅れました。しかし、エンジン、トランスミッションの不良は戦車においてごく見つかり易い不良です。その他に不良がないということが言えるかというと、そうではないと思います。

ちなみに、戦車の装甲技術(複合装甲)は日本の技術が世界一です。韓国はようやく、複合装甲と呼べるものを手がけた程度のレベルです。同じ複合装甲ではあっても、はっきり言って雲泥の差があります。おそらく、韓国の装甲は世界初の複合装甲であるチョバム・アーマー(1960年台英国製)に劣るとも勝らない程度の実力しかありません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/12/613:17:31

    確かにカタログスペックを見ても平地で
    キャタピラが取れてしまうなんて誰も予想できませんからね。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

abe********さん

2016/12/402:56:03

遠距離の砲撃戦なら「10式戦車と張り合える」どころかK2の圧勝じゃない?

もっとも10式は日本ではそういう状況はまずありえないという理由で開発された戦車。

44トンと言うのは西側の最近の新型主力戦車としては最軽量。

始めは頼りなく感じたけど、日本では道路、橋梁のインフラからいってこれ以上重い戦車は使えないという割り切りが逆にすごい。

pro********さん

2016/12/213:40:46

sommer_scheesturmさんが正論言ってるよ。

●国産パワーパックが問題続出し開発が超遅延。パワーパック国産派と輸入派で揉める。

欧米や日本の戦車の標準の加速力に達せず、要求性能を下げるに下げて、合格させている。

欧米や日本→静止状態から32km/hまでの加速は5~6秒

K2→当初7秒台→8秒台に下げる→それでも要求性能に達せず最終的に9秒台にまだ下げる。



●APFSDSが射撃の衝撃に耐えられず、折れる。


●日本よりインフラ設備の整備が進まず、手抜き工事の多い韓国で50トン以上の戦車が橋梁などの通過できる場所が少なくなる可能性が大。
漢江の橋ですら手抜きで落下事故起こしているじゃん⇓




●装甲面でも色々問題がある。

●アクティブ防御装置は不採用
誤作動で作動する可能性がある。ロシアの技術を導入で韓国で開発した物じゃないだろ。飛んでいる石ころにも反応した可能性。


●55口径120mm滑腔砲はドイツでも、森林や市街地での取り回しが悪いなど、レオパルト2A6は悪評がたった。また、命中性能が下がるなどしている(現在は修正済み)。イスラエルも市街戦などで取り回しが悪いので、メルカバMk4では55口径の砲身は採用していない。10式同様に、強化弾が撃てる仕様の44口径を採用している。

K1A1も問題が多いのにね。それ解決する方が先じゃない?






なお、10式戦車のセミアクティブサスペンションの技術は、米陸軍も注目をしているそうだ。

sommer_scheesturmさんが正論言ってるよ。...

gdf********さん

2016/12/116:29:52

スペックを比べればわかる話で、わざわざ質問することではない。

som********さん

2016/11/3019:06:07

この動画あたりで良いかな?
https://youtu.be/ixS0rtCMDSQ

その自慢の油圧サスペンションとやら。
日本ならハイリフトした軽四輪ジムニーでも登る1mのコンクリート擁壁を登れないです。

砲塔を旋回させただけで、自動消火ガスが車内に噴出され、エライ目に遭います。

時代遅れの炸裂装甲は、予算不足で採用を取りやめました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる