ここから本文です

南海トラフ地震が今後100年起こらない可能性はありますか?

ibi********さん

2016/12/122:38:23

南海トラフ地震が今後100年起こらない可能性はありますか?

閲覧数:
7,113
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2016/12/816:02:27

可能性は0ではありませんが、限りなく0に近いです。

それに、あと100年も歪みが蓄積されればマグニチュード9.1どころではないでしょうね。
1960年のチリ地震(マグニチュード9.5)を超えるかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

flu********さん

2016/12/820:30:06

50年以内に起こる確率が90%と言いますからね...ほぼ確実に起きるでしょう。
でもあくまで確率は確率なので0.1%でも起きない可能性があれば、もしかしたら起こらないかもしれません。

lah********さん

2016/12/817:31:11

もちろん可能性がないわけではありませんが、その可能性は、極めて少ないでしょう。


みなさんもよくご存知の南海トラフ地震ですが、こと「南海地震」に関して言えば、比較的その発震を予知しやすい地震であると言われています。


南海トラフのプレート境界面は日本海溝のそれとは異なり、生成してからおよそ2000万年と若く、暖かく薄いフィリピン海プレートの沈み込みで浮力が大きく、沈み込み角度は低角です。
そして、海底の堆積物を掃き集めた付加体の発達も著しいのです。低角ゆえにプレート間にかかる圧力も高く、また付加体がプレート間の隙間を埋めて固着が非常に強くなっているために、なかなか変位しないのが特徴です。


過去の文献を見てもわかるように、南海地震は古来より、その発震前には必ず、四国と紀伊半島の太平洋側に位置する十数ヶ所の井戸で、プレート圧縮由来の地下水変動の影響により、水位の低下や水質の変化が生じることが知られており、地元の人々は予知に繋げてきました。


当然、国やその他の地震研究機関もこの事実については着目しており、かなり以前より観測網は確立されております。
http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/nenpo/no48/48b0/a48b0p20.pdf

https://www.aist.go.jp/pdf/aist_j/synthesiology/vol06_01/vol06_01_p...


要するに
南海地震は、他の突発性断層型地震とは異なり、予知できる可能性がかなり高い...と言えるかもしれません。

まだまだ当分、先の話になりますが、いざ南海トラフが変位する直前には、上述した研究機関よりの報告等で世間が騒がしくなると思います。


そして、この事実を知っているか、知らないかでは、今後の貴方の人生の精神的支柱に大きな差異が生じる事になるでしょう。

mam********さん

2016/12/816:29:12

1ミリメートル先も見えない地球内部の出来事がそう易々と分かることはない

shi********さん

2016/12/711:46:39

砂漠でゴマ粒を見付けるような確率だろうなwwwwwWW

chi********さん

編集あり2016/12/521:49:29

その確率は、公表されたもので推測すると、約0%〜8%でしょう。

ただ、可能性に関係なく、もし起きてしまった場合については、被害を最小限に抑えられるよう、日ごろから準備をしておくことが最も重要なことだと思います。

起こらないことを願っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる