ここから本文です

こんばんは。

asa********さん

2016/12/122:46:54

こんばんは。

ハースストーンの薪ストーブ、マンスフィールドの灰掃除について質問です。

薪ストーブ屋さんからは、灰を常に2,3cm(炉内の吸気口を塞がない程度に)残して置くように言われました。炉の床は網のような構造で、灰受けに直結していると思います。

言われた通りにすると、下の灰受け皿には灰がパンパンに溜まってしまいますが、これは正しいでしょうか? こんなに溜めてしまうと灰掃除の時に大変ではないでしょうか?

マンスに限らず、一般的な話かもしれません。薪ストーブユーザーの方、ご教示頂けませんでしょうか。

宜しくお願い致します。

閲覧数:
351
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bankei555さん

2016/12/200:48:08

マンスに限らず灰受け皿がある機種は沢山ありますが、基本的にそれを用いて灰処理する方が面倒なのです。
要するに受け皿はあるが、実際は使わない方がベスト。
園芸用のスコップ等で前面扉から一杯づつ灰をすくい出す方が容易ですよ。

受け皿があるのに使用しないなんて・・・と感じるかも知れませんが、
使い始めれば「本当だ」と実感されると思います。

因みに炉内に若干の灰を残すのは、炉の保護、保温の向上など意味があります。
完全に撤去しても即問題が生じる訳ではありませんが、販売店のお話どおり若干残す方がいいと思います。

  • 質問者

    asa********さん

    2016/12/208:34:51

    早速ありがとうございます。

    通常みなさんが行われている灰掃除は、前面扉からの灰掃除ということですね! スッキリしました。

    その様な使い方の場合ですが、灰受け皿を取り出して受け皿の灰を掃除するとなった時は、炉内の灰も受け皿の灰も全て除去する時となるでしょうか?

    受け皿掃除までとなると、シーズン終わりに年一回程度という認識ですが、正しいですか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/12/3 00:00:55

ご親切に色々と教えて頂き、ありがとうございます 炉内底部のプレートは、使い初めに注意して見なかったため、存在自体知りませんでした。

今シーズンは使い始めてしまったため、来春になったら、炉内の排除、灰受け皿の掃除も兼ねて、注意して見たいと思います。

とても勉強になりました‼️

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる