ここから本文です

抵当権設定費用について

ssm********さん

2016/12/521:34:37

抵当権設定費用について

閲覧ありがとうございます。

現在新築を建てる為、住宅ローン3000万の融資を受ける予定です。(土地はあるので建物のみの融資)

融資は建物完成時に土地と建物に抵当権設定を行った後に受けるので、上棟金を支払う為つなぎ融資を使用する事になります。
銀行での概算は、20万程度つなぎ融資でかかる予定です。

ただもう一つ違うプランがあり、着工時に3000万融資を受ける事が出来るプランがあります。こちらはつなぎ融資が不要なのでその分の費用が削減出来きます。
ただ、着工時の融資は土地のみに抵当権設定を行い、建物完成時に建物の抵当権設定を行うようなので、抵当権設定が2回の期間に分かれてしまうので、その分費用がかかるのではと思います。
因みにこの場合、土地に抵当権設定する時は登録免許税の軽減措置は受けられないそうです。(1000分の4?)

質問の本題ですが、抵当権設定を1度に土地と建物に対して行う場合と、抵当権設定を土地と建物で別々の期間で行う場合、費用はどれくらい違うでしょうか?
※司法書士の報酬は司法書士によって違うので、報酬以外の費用でお願いします。
それとは別に、司法書士の報酬の平均的な費用も教えていただけるとありがたいです。


着工時に融資を受けるか、完成時に融資を受けるか、かかる費用で決めようと思っています。

その他、メリットデメリット等ありましたら宜しくお願いします。

閲覧数:
252
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hek********さん

2016/12/605:34:56

まず、つなぎ融資を利用しながら最終的に抵当権を土地建物に設定する場合。
この場合、減税措置があるので登録免許税は、3000万円×0.1%=30000円。
しかし、つなぎ融資の費用が20万円かかり、合計23万円。司法書士の報酬を5万円として合計28万円。
次に最初に3000万円の抵当権を土地に設定して、後から建物を追加設定する場合。
軽減措置はないので、3000万円×0.4%=120000円。
建物追加設定の登録免許税は、1500円。
しかし、司法書士の報酬が2回掛かるので、120000+1500+50000+50000=221500円。
恐らく合っていると思いますが、司法書士にも確認して下さい。
また、司法書士の報酬を分かりやすく5万円としましたが、3〜5万円が相場かと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる