ここから本文です

事業開始以前から持っている車(中古車)を減価償却したいのですが、計算が分かり...

kai********さん

2016/12/718:05:44

事業開始以前から持っている車(中古車)を減価償却したいのですが、計算が分かりません。。

今年(平成28年10月)より個人事業を始めました。

車は、平成26年3月に中古車で購入しました。

(約155万)
初年度登録が、平成24年10月です。

事業割合は、3割です。



・非業務用期間における、減価の額を計算する際に非業務経過年数を何年にすればいいのか分からず、特に悩んでおります。。

宜しくお願い致します。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
56
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sun********さん

2016/12/908:51:45

中古の資産耐用年数の計算方法は、原則的には、購入した時点で「あと何年使い続けることができるかを見積もり」、見積もった年数を耐用年数として、減価償却費の計算を行います。
また、購入した中古資産をあと何年使うことが出来るか、見積もることは困難な場合は簡便法にて中古資産の耐用年数を見積もり計算します。

中古資産の耐用年数 = 法定耐用年数 - 経過年数 + 経過年数 × 20%

質問の内容ですと
4年(端数切捨て)= 法定耐用年数(6年) - 経過年数(24年10月~平成26年3月で1.5) + 経過年数 × 20%(1.5×20%=0.3)


ここから、個人の場合事業の使用する期間まで強制償却します。

1年目=155万×0.25×10/12=322,916

2年目=155万×0.25×12/12=387,500

今年の分3年目は155万×0.25×3/12=96,875円、事業割合29,062円
4年目(事業開始2年目)=155万×0.25×12/12=387,500円、事業割合、116,250円
5年目(事業開始3年目)=155万×0.25×11/12=355,208円、事業割合、106,562円となり備忘価格が最終的に1円残る計算です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる