ここから本文です

日本史について質問です。

アバター

ID非公開さん

2016/12/900:16:02

日本史について質問です。

お寺の鐘の[国家安康]という文字が[家康]の名を引き裂く呪いとして戦のキッカケになったそうですが、今もその鐘が潰されずに残っていると最近知りました。

家康はなぜ不吉な呪いの鐘をすぐに潰さなかったんでしょうか??

閲覧数:
95
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

all********さん

2016/12/901:26:37

ただ戦争を仕掛ける口実に過ぎなかったからです。
戦争を仕掛けるには口実がいります。国家安康君臣豊楽というとこにたまたま目をつけ、いちゃもんをつけ戦争にこじつけただけなので。

アバター

質問した人からのコメント

2016/12/15 23:32:16

回答ありがとうございました!!
別に呪いを恐れていた訳ではなかったんですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rep********さん

2016/12/1100:46:39

問題になったのは呪詛ではなく家康の諱の無断使用による不敬です
当時諱を使うことができるのはその人物を敵とみなしたときか朝廷儀式のみです

今でいうと目上の人を公的の場で呼び捨てにする無礼な行為です

鐘が残った理由は証拠を残すために置いてありますし徳川家の記録でも不敬の証拠となるので残しておくと書かれています

2016/12/1002:42:01

方広寺鐘銘事件では存命中の天皇、上皇の諱が刻まれるという不敬が行われており、「国家安康」の文字よりもこちらの方が問題でした。

徳川方が「国家安康」の方で追及したのは、言いがかりというよりも豊臣に対する温情です。

騒動の後も鐘が残ったのは天皇、上皇の諱が刻まれた鐘を潰すわけにもいかず、ましてやその文字を削るわけにもいかなかったからです。

oya********さん

2016/12/906:29:05

お払いをしたから大丈夫。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる