ここから本文です

平成元年のコンチネンタル航空のCMを見ましたが、コンチネンタル航空の滅茶苦茶な...

sha********さん

2016/12/1018:19:38

平成元年のコンチネンタル航空のCMを見ましたが、コンチネンタル航空の滅茶苦茶な時期だったのではないですか?フランク・ロレンツォが滅茶苦茶な経営をしていましたから。

「目的地に時間通りに到着したいと思ったら、コンチネンタル航空だけは避けたほうがいい」と言われていたそうです。CMでそういうのを隠していたのですか?ピードモント航空のゴードン・ベスーン氏が立て直す前ですから。

閲覧数:
124
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nab********さん

2016/12/1207:43:36

CMのほとんど全ては、社外の広告代理店に制作を依頼し、さらに下請けの映像制作会社で実際の作業や演出を行って作られています。

コンチネンタル航空の社員が手作りしているわけではありませんので、「企業風土や経営体質」と、「出来上がるCMの内容や質」との間には、おのずと差異が生まれがちです。

日本でも、子犬を使った癒し系CMで企業イメージを上げて業績を伸ばした金融会社「アイフル」が、実はブラックな取り立てをやっていた…として一気に企業イメージを下げて批判の対象になり、最終的には潰れたということもありました。

質問した人からのコメント

2016/12/17 20:30:01

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lam********さん

2016/12/1214:16:49

そのCMって日本の? それともアメリカ本国の? もし日本のCMであれば、質問が根本的に間違っているよ。なぜなら平成元年にコンチネンタル航空は日本に就航していないから。そのころグアムやホノルルに飛んでいたのは子会社の「コンチネンタル・ミクロネシア」。子会社ではあるけど経営的にはかなり独立していて、ロレンツォもベスーンも関係ないからね。

あと、ゴードン・ベスーンの来歴を知っていれば、「ピードモント航空のゴードン・ベスーン氏」なんて表現は使わない。そもそもコンチネンタルに行く前はボーイングのレントン工場担当副社長だったし。ネットで拾い集めた情報なんて断片的なものに過ぎないから、航空業界に興味を持っているなら、せめて「大逆転! コンチネンタル航空-奇跡の復活」くらいは読んでおいたほうがいいよ。

cgk********さん

2016/12/1019:48:30

何を質問したいのか意味がわからない

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる