ここから本文です

電気回路、四端子定数についてです。 以下図5,6,7の二端子対回路において、F行列...

アバター

ID非公開さん

2016/12/1412:17:33

電気回路、四端子定数についてです。
以下図5,6,7の二端子対回路において、F行列を解説込みで求めていただけないでしょうか。
与えられた値はR=1.5kΩ、C=1.0µF、f=1.2kHz。

よろしくお願いします。

5 6 7,j7.54×10,四端子定数,二端子対回路,電気回路,1.0µF,Fマトリックス

閲覧数:
253
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tra********さん

2016/12/1518:21:22

R=1.5kΩ=1.5×10^3Ω , C=1.0µF=1.0×10^-6F、f=1.2kHz
ω=2πf=2.4π×10^3=7.54×10^3rad/s
ωCR=7.54×10^3×1.0×10^-6×1.5×10^3=11.3
ωC=7.54×10^3×1.0×10^-6=7.54×10^-3

図1のR部分のFマトリックス[F1]
A1=1 , B1=R
C1=0 , D1=1
図1のC部分のFマトリックス[F2]
A2=1 , B2=0
C2=jωC, D2=1
[F]=[F1][F2]より
A=1+jωCR=1+j11.3, B=R=1.5×10^3
C=jωC=j7.54×10^-3 , D=1

図2のC部分のFマトリックス[F1]
A1=1 , B1=0
C1=jωC, D1=1
図2のR部分のFマトリックス[F2]
A2=1 , B2=R
C2=0 , D2=1
[F]=[F1][F2]より
A=1 , B=R=1.5×10^3
C=jωC =j7.54×10^-3, D=1+jωCR=1+j11.3

図3のFマトリックス[F]は図1の部分の[Fa]と図2の部分の[Fb]の縦続接続であるから
[F]=[Fa][Fb]
A=1+j2ωCR=1+j22.6, B=2R(1+jωCR)=2×1.5(1+j11.3)×10^3
C=j2ωC=j15.1×10^-3 , D=1+j22.6

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2016/12/1501:07:26

縦列接続型回路のF行列は入力から見た各直並列部のF行列の積になります。
直列接続部のF行列は接続されたインピーダンスをZとすると2次上三角行列の対角成分が1で(2,1)成分がZになったものになり、並列部は逆に2次下三角行列の対角成分が1で(1,2)成分が1/Zになったものになります。これをよく覚えておいてください。あと値は自分で計算してください。

縦列接続型回路のF行列は入力から見た各直並列部のF行列の積になります。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる