ここから本文です

玉串料と奉納金の違い

アバター

ID非公開さん

2016/12/2011:07:08

玉串料と奉納金の違い

閲覧数:
3,072
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uso********さん

2016/12/2012:43:56

玉串料は、神式の葬儀や年祭や慰霊祭などでお金を包む場合に用いる言葉ですが、それ以外の安産祈願、合格祈願、七五三、厄除、地鎮祭、上棟祭などは「初穂料」を用います。「奉納金」は社寺などへの寄付や献金などで用います。玉串料や初穂料などは、基本的に神職が神前に供えるお金つまり「供物」の一種とする場合が多いです。なお奉納金を神前に供えることは少ないとされます。つまり「供物」ではなく社寺などの運営などに使われる場合が多いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる