ここから本文です

フレンチポップやシャンソンに詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいた...

白い雑種犬さん

2016/12/2322:50:04

フレンチポップやシャンソンに詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

1980年代のジルベール・ベコーの曲に、会社のリストラをテーマにしていた曲(新技術導入に伴い、ベテラン職員がリストラされる問題を扱っていた)がありましたが、この曲の曲名をご存知の方が、いらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
91
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dog********さん

2016/12/2419:18:10

そんな深刻な歌を歌ったという記憶がないので少し調べたのですが、歌詞の中に「解雇」とか「新技術導入」などの言葉があるものは見つかりませんでした。
その中で可能性がありそうなものを挙げてみます。



Adeu L'ami さらば、友よ
https://www.youtube.com/watch?v=Ihz3WZDJPko
誌の内容は「辞めなくてはならない」とか「再始動する」など出てきて、一番近いものを感じましたが、こんな能天気な曲調なのか?と疑心暗鬼です。

L'abcense De L'ami 友人の喪失
https://www.youtube.com/watch?v=XneG7mi39xY


Faut Faire 失敗すること
https://www.youtube.com/watch?v=sa9me8f2hkM

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/12/30 18:05:42

ありがとうございました。
LA RITRAITEでした。

朗らかな歌い方ではありますが、内容は機械もろともリストラされたベテラン職員の悲哀であるようです。

これは、80年代にベコーが社会問題を主題にしたアルバムに含まれていたもので、このリストラの他にも、人種問題や青少年麻薬問題などの社会問題をテーマにした曲があったという記憶があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる