ここから本文です

人が死亡したことが金融機関に伝わると、その人の資産は相続財産扱いとなり相続が...

edcp6さん

2016/12/2415:19:41

人が死亡したことが金融機関に伝わると、その人の資産は相続財産扱いとなり相続が確定するまで口座が凍結されますが、死亡情報が日銀ネットを通じて他の金融機関に共有されるということを聞きました。

それが本当ならちょっとおかしい話だと思い、ネットで調べましたが死亡情報と日銀ネットとの関連性はよく分かりませんでした。

多分眉唾な話だと思うんですが実際どうなんですかね?
金融機関で業務に当たっていた方とか実際に資産凍結に遇った方がいたらお教えください。

補足質問の主旨は日銀ネットを通じて個人の死亡情報が伝わるのか、ということです。
そんなので個人の情報が知られていたら嫌だし同時に口座が凍結されたら困りますよね。

調べていたら全銀ネットというのが出てきて、こちらでは伝わる可能性があるような気がします。

閲覧数:
303
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mokuhyou23さん

2016/12/2416:14:56

銀行によって凍結する銀行と凍結しない銀行がありますよ。

大手は凍結しないのが普通です。理由は、止めると後で困るのがわかっているから。だそうです。どのみち相続が発生するなら一度止めなければならないし、死亡した日時は確定しています。そう考えると、相続財産も確定していますよね。問題は、お金が出せなくなると困ることがある。この回避です。銀行に泣きつかれるよりは、初めから凍結せずに、問題が起きたら個人間の問題として対処してもらうような形になってます。銀行は関与しないって話ですね^^;

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/12/30 17:09:51

皆さんありがとうございました。

口座を凍結すると金融機関的に面倒が起こることもあるみたいで、積極的に凍結はしないのかもしれませんね。それならネットワークで死亡情報を共有する意味も薄いですし。ネットで調べても死亡情報と日銀ネットまたは全銀ネットの関連性は出てこないし。

ガセネタっぽいですね。

「死亡 凍結」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zjg159vdさん

2016/12/2515:13:07

その噂は、ウソです。親族に銀行員が居るなら、その方に全てを任せましょう。大体の場合は、亡くなりそうな方が祖父母なら、銀行員の孫の銀行に預金をしているハズです。私の母方の祖母の時は、数千万円の預金があり、病院代と葬儀費用を全てイトコの銀行から捻出しました。

nasabonpoiuyさん

2016/12/2419:21:31

全銀ネットって、日本の金融機関の間の取引をシステム化したものであって、顧客の情報まで共有していないと思いますよ。

相続手続きを何度かしましたが、未だに使える故人の口座もあるので、一斉に死亡情報が伝わるってことはないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

skylinehi987さん

2016/12/2417:49:20

確かに預金者が死亡した場合には相続の銀行で相続の手続きをしないと預金を下ろせなくなります。ただ死亡したことは銀行のほうから積極的に確かめるようなことはありません。大抵は下しにきたときに委任状とかの証明書類がそろわないので銀行に分かってしまいます。

linkofuさん

編集あり2016/12/2822:56:27

そんな日銀ネットなんて存在しません。死亡情報を他社と共用なんて出来ません。
個人個人が、死んだ、生まれたの類は、機微情報の最たるものです。民間企業同士が共有出来る訳ありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。