ここから本文です

東京の後楽園と岡山の後楽園は関係がありますか?

moo********さん

2008/5/3015:34:05

東京の後楽園と岡山の後楽園は関係がありますか?

閲覧数:
6,474
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2008/5/3021:55:15

もちろん関係ありません

岡山の後楽園はもともとは岡山城の後ろにあるという意味でもともとは「後園」と
呼ばれていたようですが「先憂後楽」という精神からのちにこの名前に改称されたようです

対して東京の後楽園の名前の由来は「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」という言葉
から名付けられたそうです

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

unt********さん

2008/5/3117:08:48

園名の由来は同じですが、異なる大名家が個別に造営した庭園で、関係はありません。

「後楽園」の名は中国北宋の政治家・范仲掩の詞「先憂後楽」に由来します(東京の後楽園も岡山後楽園も同じ)。

東京の後楽園(小石川後楽園)は、水戸徳川家の初代・頼房が江戸上屋敷に造営した庭園を、水戸黄門こと二代・光圀が改修し寛文9年(1669)頃完成させたものです。光圀は明国から日本に亡命した朱舜水の意見を用い、中国の風物を大胆に取り入れた回遊式泉水庭園に仕上げました。「後楽園」の名も舜水の進言を容れた光圀の命名によるものです。
水戸藩邸は明治に入り取り壊されましたが、庭園の一部は残され現在は東京都が管理しています。

岡山後楽園は岡山藩の二代・池田綱政が家臣の津田永忠に命じて貞享4年(1687)に着工、14年の歳月をかけ元禄13年(1700)に完成させた小堀遠州の流れを汲む開放的な林泉式回遊庭園です。庭園は岡山城の後ろにあることから「後園」「御後園」等と呼ばれていましたが、明治4年(1871)に造営者綱政の精神を汲んで「後楽園」と改められました。
明治17年(1884)に池田家から岡山県に譲渡され、一般公開されるようになりました。日本三名園の一つ。

両園はともに江戸前期のほぼ同時期に造営された大名庭園の傑作ですが、作庭者も様式も異なり、全く別の庭園です。
ただ「後楽園」の名称については、小石川の方は徳川光圀が命名したことが明らかですが、岡山の方は明治に入ってから付けられたもののようです。岡山の資料は命名に関して小石川後楽園との関係には一切触れていません。偶然の一致といわれれば、まあそれまでです。庭園としての価値とは何の関係も無いことですが。

なお東京の後楽園と聞けば、多くの人は庭園のことではなく、東京ドーム・遊園地・ラクーアなどがあるレジャースポットを連想すると思います。水戸藩邸跡地に明治に作られた陸軍の砲兵工廠のそのまた跡地に、職業野球(プロ野球)の常設球場として1937年「後楽園球場」が建設されました。これがレジャーランドとしての「後楽園」の興りです。球場名は隣接する庭園の名に因んだものですが、水戸徳川家と直接の関係はありません。後楽園球場の経営母体は戦後に入り競輪場や遊園地を建設し業務を拡大、現在の東京ドームシティに発展しました。

kam********さん

2008/5/3016:24:58

有りません。東京がまねをしただけです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる