ここから本文です

忌中の時に、招待されていた結婚式に出ても良いのでしょうか? 忌中は、私の祖...

kod********さん

2008/5/3023:46:43

忌中の時に、招待されていた結婚式に出ても良いのでしょうか?

忌中は、私の祖母にあたります。突然の不幸で、5日前に亡くなりました。

結婚式は、上司の結婚式です。

一般常識として、忌中を理由にお断りしても、

一般常識として、忌中を理由にお断りしても、失礼にあたりませんか?
上司の結婚式だし、出席するつもりはあったのですが、突然の祖母の他界で、困惑しております。
このまま参加することが、失礼にあたるとも思えるし、身内でも、祖母ならまだ遠い身内になるのか、よく分かりません。
会社に相談したところ、祖母だし、大丈夫だから出席しろと言われました。しかし、気になって仕方ありません。

結婚式は明後日です。
慶弔の常識として、こういう場合は、どうすればよいのでしょうか?

閲覧数:
39,194
回答数:
7
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2008/5/3100:30:16

地域の慣例や、ご親戚の考えなどは抜いた状態で回答いたします。

結婚式とお葬式が「当日」重なった場合はお葬式を優先させますが、
翌日以降ならば出席してなんら問題ありません。
もっと言えば午前と午後で重ならないなら出席してもかまわないです。

例えばあなたが喪主などで、お葬式の片付けやご挨拶で時間的に忙しいとか、
気持ちの問題(寂しくて落ち込んでいるなど)で出席できないというなら
欠席する理由にはなります。※失礼というより体調不良と同じなので仕方ないです。

忌中は周りのおめでたいことも全部だめみたいに思われがちですか、
別にお葬式を出した人が結婚式に出席したからといって、
相手の運気が下がるとか、縁起が悪いわけではないですよ。
どうぞ祝福してあげてください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aeg********さん

2008/5/3120:41:01

常識ということを考慮するなら、結論から言えば、忌中でのハレの行事である婚儀には欠席ということになります。
欠席となっても一向に非常識ということはありません。寧ろ、出席する方が非常識といえます。

冠婚葬祭という文言がありますが、その優位は、祭、葬、婚、冠の順です。
質問例の場合、結婚式は、婚。忌中は、祭の範疇です。

忌中の間には、仏式なら、七七日忌(四十九日)までの間に、七日ごとに法要を営むのが本来の姿です。
その七日ごとに行われる冥界の裁判官は、故人の行くべき道を定めようとします。
それに対して七日ごとの法要を営むことによって、故人の縁者は故人が地獄に陥ることなく、
生前の徳を並べて弁護するわけですから、俗事に構っている暇は無いともいえます。

五七日忌(三十五日)の裁判官は、かの閻魔大王ですから、特に五七日忌を重視している向きもあります。
忌明けたる七七日忌以降をもって平生の状態に戻っていくという事です。

sak********さん

2008/5/3114:39:30

忌中とは何かご存じない方の、感情論での回答をお見受けしました。

忌中の説明が必要なようです。

もちろん宗教と宗派や地域性の違いがあります。

タダ一ついえるのは、葬儀を行うこと自体が、亡くなった方の霊魂の存在を信じることを前提にされていることは事実です。

信じる信じないは個人の問題ですが、古代の日本人の死への考え方と、生命への考え方を参考にして下さい。

仏教が葬儀を一般に司りますが、江戸時代三百年間の寺請け制度により、仏教での葬儀が一般的になりました。

本来の仏教は葬儀を執り行う宗教ではありません。

仏教が日本に伝来する前から、葬儀は行われていました。


以下に記すのは、変な宗教の荒唐無稽な話ではなく、古代の祖先の考え方で、アカデミックに捉えられている部分です。

私たちは普段の生活している状態を「ケ」といいます。

特別の日を「ハレ」の日といいます。

ハレの日に着るから晴れ着、晴れの日の舞台が晴れ着なのです。

この他にお祭りの日や人生儀礼の特別な日を「ハレ」の日といいます。

質問者さんが招待された結婚式も、上司にとっては「ハレ」の日です。

普段の生活「ケ」の生命力が枯れてくるのが「ケガレ」です。

最大のケガレが、生命力の停止を意味する「死」です。

人が死ぬと、その家のかまどが穢れます。

したがって、その家の竈で煮炊きしたものを食べません。

穢れた竈ののご飯を食べるのは、ケガレを移すからです。

古代の人は、同じ竈のメシを食ったものを同族とみなしたのです。

死者を出した家(葬家)と同族にならないために、葬式にお参りした人には、近所の人々が違う家の竈で煮炊きした料理を出す風習がありました。

ケガレは近親の順に大きく、期日を得るとともに薄くなりなくなります。

これが忌の期間を過ぎるのが、ひとつの基準となっています。

喪中は、亡くなった人を悲しみ、悼み、生活を質素にする期間です


忌中はケガレを他人に移さない期間です。

以上を説明すれば、回答は出てくると思います。

ただし、前述の通り、血縁の近い遠いでケガレに関する感覚が違ってきます。

同居祖母か別居祖母かの違いによっても、判断は異なります。

また忌中といっても、宗派によってその期間は違います。

しかしながら、拝察すると、ご不幸があってからほぼ1週間ですね。

やはり、事情を説明してご遠慮された方が宜しいのではないでしょうか。

欠席は、早めに報告しないと、迎える側のキャンセルに迷惑がかかります。

古くは、1親等で10日間、2親等で5日間の間は、やむを得ない場合は神聖な場所に出ることを禁止されています。

おばあ様は、2親等ですね。そう考えると、五日間を過ぎているからいいのかあ~なんて思ってしまいますが

仕事とは違うことですから、別の形でお祝いをお届けしたらいかがでしょうか。

罪を作らない方法は、この日に僧侶に読経をお願いしていますので家族はお参りすることになりました。

といっておけば、家の都合ということになります。

kum********さん

2008/5/3112:16:29

お祖母様の突然のご不幸お悔やみ申し上げます。
突然のご不幸ですから、困惑されるのも無理はありません。
でもこの場合、私でしたら忌中のことは全く触れずに結婚式に出席します。
どうぞ上司の方を祝福なさってください。
お祖母様も「私の事は気にせず行ってらっしゃい」とおっしゃっていると思いますよ。

pi0********さん

2008/5/3101:51:40

一番気にされるべき立場の先方がOkを出していらっしゃるので何も問題はないかと存じます。
お葬式の当日と重なっているわけではありませんし、
結婚式を執り行う側からすれば、問題なく予定どおりに進むことが一番好ましいことです。
上司とはいえ完全にプライベートなお付き合いで呼ばれているというわけではありませんよね。
むしろオフィシャルな・・・お仕事のお付き合いの一環でご出席になるご予定だったはずです。
そうなりますと仕事と同じ考えで、予定どおりにすべてがおさまることを考えられたほうが賢明です。

お祖母様ですと直結の血縁ではありますが、
お祖母様がお父様方の方で、ご実家でおばあさまとも同居なさっているくらい
つまり喪主をお父様が務められているくらいの間柄で
ご両親も披露宴に出席することに不快感があるのでしたら欠席でも
ご納得される方が多いかと思います。
しかし あまり会うこともない、親が大変不快に思っているわけでもないのでしたら
むしろ急に欠席されるほうが、不自然な感じで後々の人間関係に問題が生じそうです。

慶弔の常識としては問題ありません。
あとはご自身のお気持ちの問題かと思いますよ。

rok********さん

2008/5/3100:04:02

一般常識として、忌中を理由にお断りしても、失礼にあたりません。
というか、忌中に結婚式に出席するのは常識外れです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる