ここから本文です

鍾会の乱は司馬昭の責任?鄧艾は何が悪かったのでしょうか?

sei********さん

2017/1/223:41:50

鍾会の乱は司馬昭の責任?鄧艾は何が悪かったのでしょうか?

蜀を制圧後に鄧艾は一気に勢いに乗って呉へ侵攻すべきと進言してます。
その為に農業に力を入れて劉禅を成都に住まわせて皇帝時代となんら変わらない生活をしている事を孫休に知らせる事によって孫休は降伏してくるかもしれないと考えたのですよね?
それを司馬昭は気に入らないとして鍾会から密告を受けて鄧艾から指揮権を剥奪し反逆者として逮捕?
これって司馬昭がすべて悪くないですか?
鍾会は鄧艾を失脚させて指揮権を得て独立。
司馬昭が鄧艾を反逆者認定して指揮権剥奪したせいで鍾会の乱勃発?
鄧艾にすべて任せておけばすべて巧く行ったんじゃないでしょうか?
無駄な血が流れずに済んだのでは?

閲覧数:
375
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2017/1/419:32:48

結果的にはそう見えますね。

鄧艾は軍事上の専断権を拡大解釈して、蜀の占領統治でも独裁的な行動に走りましたが、これはやはり行き過ぎです。
戦時なら、鄧艾の専断は許されたでしょうが、蜀が降伏した時点で、鄧艾の専断権はなくなっていると考えた方がよいでしょう。
司馬昭もそれを鄧艾に伝えたわけですが、鄧艾は無視しました。

かつて、田銀・蘇伯の反乱を鎮圧した曹丕は、降伏者を法に従って処罰しようとしましたが、程昱が諌めました。曰く「軍事上の専断権は緊急性によるもので、緊急性のない状況では上の指示を仰ぐべきである」と。
曹丕はそれに従って、程昱は曹操に褒められてます。

鄧艾のやったことはまさにこれで、降伏した者の処置なんて、何も急ぐ必要なないのです。上の指示を仰いで(もちろん、自分の意見を述べるのはよいですが)、ゆっくりやればよいだけです。その間に兵を休ませればいいんですから、鄧艾のプランにも特に支障はありません。
鄧艾のやったことは、明かな越権行為でした。

そういう鄧艾の思い上がりを、鍾会らに突かれてしまった、というわけです。

もっとも、鄧艾に悪意がなかったのは明白で、悪意があったのは鍾会のほうでした。
後に、鄧艾は名誉を回復しています。まあ、鄧艾も大戦功をあげた興奮で、ちょっと判断が勇ましくなりすぎてしまったのかもしれません。

質問した人からのコメント

2017/1/9 14:15:09

回答ありがとうございます!
功を焦った鄧艾にも落ち度があり、独立を企てていた鍾会にまんまと利用されてしまったって所でしょうか。
司馬師を騙すなんて鍾会も中々の策士ですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる