ここから本文です

地球のプルームテクトニクスで、コールドプルームができると、堆積盆地ができると...

sat********さん

2017/1/617:44:08

地球のプルームテクトニクスで、コールドプルームができると、堆積盆地ができるとの話をよく聞かせて欲しいです。小学3年生くらいの時に学研の図鑑を読んでいたときに、コールドプルームが発生

するとその上の大陸が沈降すると書いてあったんですよ。しかし、東京大学出版会の『地球惑星システム科学入門』にはそれに関する記述が全く書いてなかった。一体どうなるんでしょうか?私はそれを知りたいのです。

閲覧数:
56
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

det********さん

2017/1/622:33:07

「コールドプルームができると、巨大堆積盆地ができる」という意味の内容は私も読んだことがあるので、読み返してみました。

「生命と地球の誕生」丸山茂徳 磯崎行雄 著(岩波新書)この本のP.47に、

「パルス期の変動システム」という項目があり、その内容が詳しく書かれていますので、一度読んでみてください。

具体的にはマントル遷移層で滞留していた大量のスラブ(メガリス)が、下部マントルに崩落することで、上部の大陸には広域的な堆積盆地が発達する、というもので、

大量のスラブ(メガリス)はインド洋側と太平洋側からアジア中東部に沈み込んできたもので、それが約1億2千万年前に下部マントルに崩落し、アジア中東部での広域的な堆積盆地の発達がその変動に同期している、というものです。



下のマントルトモグラフィー画像をみてください。
イランからタリム盆地、チャイダム盆地、華北、韓半島、西日本、日本海溝までの範囲です。

一番下の青色の部分が、「約1億2千万年前に下部マントルに崩落したメガリスが外核上部に達して、世界最大のP波高速度異常帯が出来ている」と考えられているものです。

その上部の広域的な堆積盆地としてはタリム、チャイダム、ジュンガル、トゥルファン、四川などの盆地が広がってます。

なお、タリム盆地のあるタリム地塊の地殻の下部に見える青い部分は、インド亜大陸から続く分厚いテクトスフェアという古い大陸の持つマントルになると思われます。

「コールドプルームができると、巨大堆積盆地ができる」という意味の内容は私も読んだことがあるので、読み返してみました...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる