ここから本文です

賃借権について教えて下さい。 建物の登記簿の乙区に賃借権が設定されており、存...

rei********さん

2017/1/1420:42:36

賃借権について教えて下さい。
建物の登記簿の乙区に賃借権が設定されており、存続期間は20年です。設定時期は昭和ですので期間は既にすぎています。この賃借権は効力は無くなったものとして考

えても良いのでしょうか
補足として
乙区、一番に抵当権、二番に根抵当権、三番に賃借権が設定されています。1.2番の各抵当権は抹消されていません。
また、物件の建物と土地は所有者がちがい、旧借地権が現在も継続して続いています。
初歩的な質問かもしれませんが、よろしくお願い致します。

閲覧数:
249
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/1/1421:35:34

こんばんは


1 建物賃借権の対抗要件

建物賃借権は、登記がなくても、建物の引き渡しがあれば第三者に対抗できます。

したがって、賃借権登記上の存続期間が経過していたとしても、その後もその建物に賃借人が住んでいる限り(厳密にいうと住まないまでも引き渡されている限り)、賃借権は存続しており、賃借人は第三者に対して賃借権があることを主張できます。


2 賃借権の登記について

賃借権の登記自体は、すでに存続期間を経過しているため、無視して構わなくなっています。


3 結論

登記上の賃借権は無視して構いません。

それとは別に、現にその建物が賃借人に引き渡されている状態であれば、その事実状態は無視できません。

したがって、仮にその土地の所有権を取得したとしても、賃貸借の負担の付着した建物の所有権を取得したこととなるため、賃借人に対して所有権が移転したので立ち退くように請求することはできません。

  • 質問者

    rei********さん

    2017/1/1423:10:17

    追記で質問失礼します。
    では、賃借権設定者が建物から退去していれば完全に無視して大丈夫という事でよろしいですか
    ご教授お願いします。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/1/15 10:04:03

本当にありがとうございました。
ベストアンサーにさせて頂きます。
勉強になりました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる