ここから本文です

エクセルのVBAで、*******.Active と *******.Activateの使い分けの法則みたいなも...

tom********さん

2017/1/1622:09:31

エクセルのVBAで、*******.Active と *******.Activateの使い分けの法則みたいなものが良くわかりません。

どんな時にActivateになるのかご存知の方、いらっしゃいましたら教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
32
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hig********さん

2017/1/1622:33:37

*******.Active ありません。
*******.Select ではありませんか?
selectとactivateは似てますが、少し違います。セルを例にします。

selectは選択するメソッドです。
セルを複数個選択は可能です。例えばA1~A4まで
Range("A1:A4").select

activateはアクティブにするメソッドです。
activateすれば同時に選択もされますが、あくまで1セルだけです。
Range("A1").activate

A1~A4までを選択したまま、好きな1つをアクティブにすることが出来ます。
Sub Test()
Range("A1:A4").select
Range("A2").activate
Range("A3").activate
Range("A4").activate
End Sub
このマクロをステップ実行すれば、4セルを選択したままアクティブなセルを動かすことが出来ます。

質問した人からのコメント

2017/1/16 23:35:43

>>>Active ありません。
そうだったんですね、失礼しました。
Activesheetとかとごちゃごちゃになっていました。
activateかselectと覚えます。
とても分かりやすくありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる