ここから本文です

柔軟性あり折り曲げ可能なICは作ることは物理的に可能ですか?

rev********さん

2017/1/2101:17:10

柔軟性あり折り曲げ可能なICは作ることは物理的に可能ですか?

閲覧数:
26
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fried_turnipさん

2017/1/2105:43:00

フレキシブル基板上に回路を集積した集積回路(IC)は、
折り曲げが可能であり、既に多数利用されていますが、
一般に集積回路(IC)とは呼ばれていません。

薄膜トランジスタ(TFT)を集積した電子ペーパーは折り曲げが可能です。
薄膜トランジスタ(TFT)をアモルファスフィルムや多結晶フィルム上に
集積したものは既に液晶ディスプレイ(LCD)に多数使われていますが、
集積回路(IC)とは呼ばれません。

柔軟性があり折り曲げ可能な状態で回路を集積しても、
どういう訳か集積回路(IC)とは呼ばれないようです。
柔軟性の無い1つの塊でないとICとは呼び難いのかもしれません。

なお、柔軟で折り曲げ可能な『シリコン単結晶』は作れません。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tys********さん

2017/1/2102:20:10

フレキシブルな材料として期待されているものに、有機分子や金属ペースト、カーボンナノチューブやグラフェンなどのナノカーボン材料などがあります。例えば配線であれば、ナノカーボン材料や金属ペーストなどがあり、トランジスタであれば、有機半導体や、同じくナノカーボン材料を用いたデバイス研究が盛んに行われています。実際、フレキシブル用途を想定したデバイス開発の論文などでは、これだけ曲げても性能が劣化しませんよ!などという表記を目にしますし、重要な性能指標の1つとなっています。一方ですでに回答にあるように、ICは非常に小さく作れるため、ICまでフレキシブルにしなくても大抵のことは事足りるのが実情なのかもしれません。よって質問に答えるならば、柔軟性があり折り曲げ可能なICの作製は”物理的”には可能ですが、大規模な回路となると、量産の難しさや歩留まり、耐久性、需要の面から、まだまだ乗り越えなければいけない課題が山積みなのが実情でしょう。
個人的には、「フレキシブルICによってこんなものが作れるのでは?」という質問者さんの意見を是非聞きたいのですがいかがでしょうか笑?
話はそれますが、タイムリーなことに、サムスンとLGが年内中に折りたためるスマホを発表するらしいです。今のところ、フレキシブル性が最も求められ、また開発が進んでいるのは有機ELディスプレイでしょう。もしくは有機EL照明でしょうか?残念ながら有機ELディスプレイの量産に成功しているのは今のところ韓国勢だけです。ただし用いられている有機材料は出光興産などの日本企業が多いのも事実です。せっかく材料研究に強いのですから、ぜひ日本初の材料を用いて、日本初のフレキシブル○○を実現してほしいものです。

por********さん

2017/1/2101:32:36

すでにいくつかの方法で試作されていますが、
(柔軟ではないが)小さいICを
フレキシブル基板に搭載すれば大抵ことは足りるので、
実用化例はまだなかったと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる