ここから本文です

東京で親から相続した土地アパートを底地権購入後売却しました、仲介不動産会社か...

アバター

ID非公開さん

2017/1/2112:56:51

東京で親から相続した土地アパートを底地権購入後売却しました、仲介不動産会社からは
短期譲渡とならないと確約を得ていましたが、イータックスで申告書を作成すると平成27年

底地権購入28年売却なのでどうしても短期譲渡になってしまいます、熊谷税務署に内容を
説明したところ、長期譲渡になる可能性が高いと言われましたが、税理士に相談するように
言われました、税理士会熊谷支部に電話しましたが、商会は直ぐにはできないと言われました。
無料相談は1/30日に予約しましたができれば早く解決したいので、譲渡税に詳しい熊谷の
税理士をご存知の方教えていただければ、ありがたいのですが、よろしくお願いいたします。

この質問は、70歳以上の男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
137
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

inc********さん

2017/1/2113:44:28

https://www.tm-tax.com/information/mailYagi/mailYagi367.html

この事例は借地権を取得した後譲渡した場合ですが、考え方は一緒です。

底地と借地権は別の資産と考えるので、底地部分については短期、借地権部分については長期となります。

申し訳ありませんが、熊谷の税理士はよく知りません。

税理士の検索ならここでできます。
http://www.kzei.or.jp/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる