ここから本文です

以前からLDLコレステロールが基準値よりもかなり高いです。 家族全員高いので家族...

アバター

ID非公開さん

2017/1/2606:36:55

以前からLDLコレステロールが基準値よりもかなり高いです。
家族全員高いので家族性(遺伝)だと思っています。
体型は私も両親も弟も細身で、
食生活もみんな野菜中心で油物も甘い物も特別好みません。

このたび健康診断で、コレステロールを下げる薬を処方され
今後毎日ずっと飲み続けるように言われました。
別の病院で機会があり他の医師に聞いたら
「飲まなくてもいいけどな..」と口を濁していました。
コレステロールをさげるように盛んに言うのは
製薬会社が儲ける為とも製薬会社の友人にも聞きました。
できれば薬を常用したくない想いもあり、
一旦薬をやめているのですが、
皆様のご意見きかせてもらえるでしょうか。

閲覧数:
2,697
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/1/2608:02:17

『家族全員高いので家族性(遺伝)だと思っています。』
とのことですが、家族全員が血液検査を始めて受けたときから、
LDLコレステロールが180を超えているということでしょうか。

なお、2007年以前はLDLコレステロールの測定がなかったと
思いますので、総コレステロールが250 を超えていたかどうか
で判断すればよいと思います。

また、『LDLコレステロールが基準値よりもかなり高いです。』
とのことですが、基準値とは幾つのことでしょうか。
LDLコレステロール 140 は薬を飲む基準ではありません。

現在の診断基準のもとになっているのは、日本動脈硬化学会の
「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年版」ですが、同指針の
2012年版が発行されています。LDLコレステロール 140 について、
ガイドラインを取りまとめた寺本教授は、「数値が低くても
糖尿病や喫煙など、ほかの危険因子を持っている人がいる。
薬物治療を始める基準ではなく、そうした患者を抽出するための
基準だ。」と公開討論会で発言しています。
<参考>
http://qq.kumanichi.com/medical/2008/10/post-1409.php
コレステロール値 どれだけ高いと問題? 専門家の間で意見対立

2012年版では、「一次予防においても、LDLコレステロールが
180mg/dL以上を持続する場合は、薬物療法を考慮する。」と
されています。

(参考)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n291375
動脈硬化とコレステロールについて(その2)

コレステロール低下薬は、コレステロールを下げる薬として
承認されているだけであり、心筋梗塞や動脈硬化の予防薬として
承認されているわけではありません。

高血圧治療薬「ディオバン」で話題になりましたが、医師と企業
との不透明な関係が指摘されています。ほかの高血圧の薬よりも
脳卒中などの予防効果が高いとの研究成果がねつ造されたのです。

コレステロール低下薬はもっと不可解です。
心筋梗塞や動脈硬化に対して、コレステロール低下薬を飲まない
場合に比べてどの程度の予防効果があるのか、そういった説明を
見聞きしたことがありません。コレステロール低下薬を心筋梗塞
や動脈硬化の予防目的で使うなら、製薬会社や医師は、きちんと
説明責任を果たす義務があるのではないでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「コレステロール」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gyo********さん

2017/1/2800:36:03

他の方の回答を読みながら、「航空力学を勉強したことがない人が戦闘機の機体構造について議論してるみたい」と思ってしまいました。私は製薬会社で働いているので、ここで意見を言っても仕方がないと思うのですが、間違った記載だけが知恵袋に残るのも考え物なので、コメントさせてもらいます。
まず、家族性高コレステロール血症だとすれば、人生の早い段階から動脈硬化が始まりますので、専門医に相談してください。血管の状態も含めて一度見てもらった方が良いでしょう。家族性高コレステロール血症は、あまり多くない症例なので、一般の医師では治療方針も曖昧になってしまうかもしれません。以下のリンクに専門医がいる施設のリストがありますので、お近くの施設を探してみてください。どの先生も航空力学どころか航空宇宙工学にまで精通されているような名医ばかりです。
http://www.j-athero.org/specialist/pdf/fh_institution.pdf

次に、恐らくスタチンという薬を処方されていると思うのですが、製薬会社とのシガラミが気になるようでしたらジェネリックを飲んでください。以前はスタチンで儲けている会社も多くありましたが、スタチン系の薬剤は多くがジェネリックが販売されており、皆さんが思い浮かべるいわゆる「製薬メーカー」にはお金が入らないようになっていますので、安心して飲んでください。最近はジェネリックもそんなにクオリティに問題がなくなってきていますし、薬自体は良い薬であることを保証します。因みにスタチン系の薬剤の発見に第一人者として貢献したのは日本人の遠藤章先生です。

心筋梗塞や脳梗塞は交通事故みたいなものなので、治療しなくても寿命を全う出来るかもしれません。でも事故にはあいたくないので、自転車にライトを付けたり、反射板を付けたりするわけですよね。LDLを下げる、血圧を下げる、血糖を下げるといった治療は、この自転車にライトや反射板を付ける行為と同じです。付けるか付けないかはご自身で決めてください。

ちそくさん

編集あり2017/1/2612:29:28

コレステロールは血管を修復する役割があります。
コレステロールが高いというのは、血管が傷ついてることが分かります。
せっかくコレステロールが修復しに沢山出てるのに薬で下げるのは絶対にやってはいけません。

ある汚ない部屋(血管)があります。
とても1人じゃキレイにしきれない
そこで、清掃員(コレステロール)を増やします。

清掃員(コレステロール)が多いから部屋(血管)が汚れてるんだ
じゃあ清掃員を減らそう
薬を飲むというのはそういうことです。

では血管を傷付けてるのは誰か?
糖質です。

甘いものは食べないみたいですが、
ご飯とかラーメン、パンも糖質なので、コレステロールを沢山出る原因になります。
そしてコレステロールを下げようとして、食事から摂るコレステロールを下げるのもやってはいけません。

コレステロールを下げたければ、血管が傷つかない食生活が重要

つまり、糖質制限です。
糖質制限し初めは、いきなり食事から摂るコレステロールが増えるので、一時にコレステロールを増加させますが、肝臓で生成する量を減らして、量は調整されますので、やがて落ち着きます

ing********さん

2017/1/2611:04:10

別に動脈硬化から狭心症や脳梗塞などを
起こしても医療を受けないなら、何も
しなくて良いですよ。

全ては自己責任。

都合の良い時だけ医療を受けようたって
そうはいきませんよ、ということ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる