ここから本文です

ASEANとAFTA(ASEAN自由貿易地域)のそれぞれの域内総人口について。

han********さん

2017/2/622:00:04

ASEANとAFTA(ASEAN自由貿易地域)のそれぞれの域内総人口について。

いくつかの資料を見ていて、ASEAN加盟国の総人口は約6億、AFTAの域内総人口は約19億となっているのですが、AFTAはASEAN域内での関税撤廃目的でASEAN加盟国10か国によるもの、とあります。なぜAFTAの域内総人口は19億になるんでしょうか?加盟国と域内というのは違うのでしょうか。AFTAは中国などとの間で関税撤廃をしていますよね、それらの国がAFTA域内に含まれて19億という大きな数字になっているということでしょうか?
何か間違った捉え方をしていて見当違いな質問なのかもしれませんが調べてもわからくて…回答よろしくお願いします。

閲覧数:
80
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fau********さん

2017/2/1220:22:43

基本的に、ASEANとAFTA(ASEAN自由貿易地域)では同じ総人口になります。
6億と19億で、人口が違うという場合には、別の国が含まれた形の自由貿易圏の協定なので、
・中国が含まれる ASEAN–China Free Trade Area (ACFTA)
・インドが含まれる ASEAN–India Free Trade Area (AIFTA)
のどちらかだと思います。(関税撤廃の内容は、元のAFTAと部分的に異なります。)


ここ2〜3年以内のデータであれば、中国もインドも13億前後、またはそれ以上の人口なので、両方とも可能性があります。
5年ほど前のデータなどであればASEAN+中国のデータではないかと思います。


また、もっと前のデータ(1990年代末〜2000年前後)であれば、ASEAN+3(日本、中国、韓国)と混同している可能性もあります。

  • fau********さん

    2017/2/1220:40:33

    上記回答後、確認しました。


    下記 JETRO(日本貿易振興機構)の説明内容「ASEAN-中国FTA」の項目において「2010年1月1日から人口19億人の巨大な自由貿易圏が実現した。」という記述があります。おそらく、これと同データを引用されているのではないかと思います。

    AFTAという名称と人口のみを参考にしているので、ここ数年であれば中国でなくインドである可能性もあるので、出典資料全体から推測していただいた方が良いと思います。


    JETRO(日本貿易振興機構)「WTO・他協定加盟状況」ウェブサイト:
    https://www.jetro.go.jp/world/asia/sg/trade_01.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

les********さん

2017/2/1220:26:18

ASEANは6億人くらいですが、そこにインドを事実上自由貿易領域としてカウントしているからだと思います。経済番組では、通常インドを入れて特番などを組みます。

2010年にAIFTA(ASEAN-インド)の自由貿易協定が発効しました。

で、製造業にかかる関税の大半が消えたもしくは数年以内に撤廃が合意されていたことで、日本の自動車メーカーを始めとする世界のメーカーは、このメリットを活かそうとしました。

例えばすでにタイは先進的工場が工業団地にできていたため、タイヤ、素材部品などをインドでつくり、タイへ関税なしで輸出し、タイで自動車を組み立てて東南アジアや日本に送りはじめました。この仕組みで数年前に話題になったのが、タイ製マーチです。

つまり事実上、インドとASEANの主要国は関税がかからないケースが多くなっているため、インドの人口を事実上自由貿易領域としてカウントしているのだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる