ここから本文です

バブルの時以来の「人手不足で倒産」の時代が来ましたか?

アバター

ID非公開さん

2017/2/200:02:43

バブルの時以来の「人手不足で倒産」の時代が来ましたか?

全国すべての都道府県で有効求人倍率が1倍を超えたとニュースで見ました。バブルの時期でさえ47都道府県すべてではなかったそうです。

バブルの時代には、あまりにも景気が良すぎて人手が不足し、仕事はあるのに求人できずに倒産するという企業がたくさんあったといいます。さて、現代もそれになりつつありますかね?ただしバブルの頃のそれとはだいぶ様相が変わっていて、景気の良さゆえの人手不足ではなく単純に若者の人数が減ったがための人手不足でしょうかね。ブラックバイト問題の横行などもその表れなのでしょうかね。

閲覧数:
181
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

alb********さん

2017/2/208:23:51

金融政策で物価上昇を目指すというロジックの中に人手不足が含まれていますんで、普通にインフレの国ではだいたい人手不足が普通です。

まず、金融政策で利下げをします。
流動性のわなにはまった国ではなかなか効果を生みませんが、ここでは一般の国の話をします。
そもそも金利が高いので利下げの効果は大きく、銀行貸出が増えることにより世の中を流通するお金の量が増えます。
お金が増えるとそれを使う人が増え需要が増えます。

需要が増えると企業は増産のため雇用を増やします。
失業率がある程度低下してくるとそれ以上下がれなくなります。
労働力は無限にあるわけではないので・・
労働市場がひっ迫してくると市場原理が働いて価格である賃金が上昇します。
賃金相場の上昇を企業が商品価格に転嫁するので物価が上昇します。

このように、普通の物価上昇の経路には失業率がそれ以上下がれない水準(完全雇用とか自然失業率とかNAIRUと言います)まで下がり、人手不足から企業が賃上げをすることが含まれます。
企業は儲かっているのに賃上げしないなどと的外れなことを言う人が多いですが、1000円で仕入れることができるモノを儲かったから2000円で買おうなんていう企業ないですよね?
労働力も基本的には同じなので時給1000円で働く人がいる限りは儲かろうがなんだろうが1000円以上は出さないですよ。
労働市場がひっ迫して募集しても中々時給1000円では来てくれなくなって初めて時給をあげてみようかという話になります。

つまり、物価があがるときは必ず人手不足です。

若者が減ろうが財政金融政策が失敗して需要を減らし続ければ人手不足には永遠になりません。
逆にどんなに労働力人口が増えようともそれ以上に需要を増やしていけば常に人手不足になります。

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/9 00:04:04

あなたのおっしゃることが一番説得力あるように感じます。どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nad********さん

2017/2/410:45:49

そりゃ当たり前よ。
少子化だから人手不足になるのは。
しかし、どこの業界も人手不足なんだが国民の希望は正規雇用で給与が高い方を選ぶし、スキルや技術を身につけるためにはそうする。
しかし企業は安く非正規で簡単にクビにできる人材が欲しいということで外国人労働者を呼んだ。
だが外国人労働者は労働するのが目的じゃない人が多くいた。
理由はある程度したら戻らなくてはならないので戻りたくない、そもそも麻薬や密輸などの犯罪組織に属しているなど大半がそういう方。
そして企業は馬鹿みたいに生産が出来ず潰れる。
特に日本の若者は働きたくとも働かせない環境を作られ、就職難に。
企業様は馬鹿です。

yoh********さん

2017/2/213:21:28

全国の雇用者数は2013年からずっと過去最高数を更新し続けてるんだよ

過去になかったくらい今もうすでに企業は人をたくさん抱えている状態
それなのにまだ人手が足りなくて求人しまくってる

働く人が減ったから求人が増えたわけじゃないよ

全国の雇用者数は2013年からずっと過去最高数を更新し続けてるんだよ...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ctm********さん

2017/2/210:18:27

人で不足といえば、土地と不動産あまりの時代が到来するでしょうね。

バブルの時は、人が溢れていて、土地も不動産も足りません。ですから

地方などは、行政の預貯金を使い、お金がありましたから、高校などを首都圏などにどんどん設立し

満員不足を解消するために 学校をたくさん作りました。出生率の高い年度を調整しながら学校の校舎を増やし、満員を解消していきました。

1971年ですかね。そこから子供の数は減り続けていきました。

バブルが崩壊しても人であふれ氷河期になってしまいましたね。あの氷河期を何とかしていれば ブラック企業を解決できた、時代の変化になかなかついていけなかったでしょうね。

氷河期の時代にすぐに、IT時代は到来していました。しかしまだ、インターネットは、10年早い考えがあった。

kim********さん

2017/2/204:44:45

老人が怠け者だから 人手不足なので

もっと円安にして 輸入品の価格を上げて
もっと 雇用を増やせば

現役世代の給料はあがり
老人もしぶしぶ 働きだすでしょうね

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる