ここから本文です

演奏形態と編成とはどういう意味でしょうか?中学生にも分かる簡単な言葉で教えて...

sat********さん

2008/6/814:14:25

演奏形態と編成とはどういう意味でしょうか?中学生にも分かる簡単な言葉で教えてくださると有り難いです。 今ビバルディの春を学んでいるのですが、演奏形態は協奏曲、編成は独奏バイオリン、弦楽合奏、チェンバロでいいのでしょうか(*_*)
また協奏曲についても分かりやすく教えてくださると有り難いです!

閲覧数:
39,811
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sak********さん

2008/6/818:29:02

大雑把な説明になりますが、

演奏形態は演奏するときの形式です。
管弦楽(オーケストラ):がん楽器、弦楽器、打楽器による大規模な合奏。大抵の交響曲、管弦楽曲(序曲、ロマン派以降における組曲、交響詩など)
協奏形式:ソロ楽器と管弦楽によるものが主。曲によっては複数のソロがある場合がある(協奏交響曲など)。
室内楽:それぞれのパートを一人ずつで受け持つもの。弦楽四重奏、ピアノ三重奏など。
独奏:ソナタなど一人で弾くもの。ヴァイオリンなど、ピアノ以外の楽器の場合、ピアノ伴奏がつくことが多い。
吹奏楽:管楽器、打楽器のみの編成による合奏。
大まかに言うと、こんなものが例に上げられます。

編成は演奏の際の規模です。
管弦楽の場合、モーツァルトなど古典派の場合は後十人程度の小さめの規模。
時代が下ると楽器の数も増え、後期ロマン派(マーラー、ブラームス、R・シュトラウスなど)辺りになると百人以上を要する曲も多くなります。(マーラーの一千人の交響曲が有名ですが、大部分は合唱団員です)
二管編成なら管楽器が基本的に各二本ずつ、三管編成なら三本ずつ、弦楽器の数は決まっていませんが、管楽器の数が多くなればそれにしたがって当然増えます。
室内楽の場合、弦楽四重奏ならヴァイオリン2、ヴィオラ1、チェロ1となり、数や楽器によって弦楽五重奏、クラリネット五重奏と呼び方も変わります。作曲者によって同じ弦楽五重奏などでも楽器の種類などが違います。

協奏曲(コンチェルト)とは上に書いたとおり、独奏楽器と合奏による形式の曲です。
「春」の場合はバロック音楽ということもあり、弦楽合奏とチェンバロが伴奏になりますが、古典派以降の多くの場合、管弦楽による伴奏がつきます。(春の編成については質問者様の記述で正しいと思います)ソリストは一人のものが主ですが、バロックから古典派にかけては合奏協奏曲、協奏交響曲など複数のソリストを持つものがあります。例えばモーツァルトの協奏交響曲ホ長調は独奏のヴァイオリンとヴィオラ、管弦楽のための作品です。
独奏楽器によって、ヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲、クラリネット協奏曲などと呼ばれます。
「管弦楽のための協奏曲」など、特殊な例もありますが、細かいことを言うと混乱するかもしれませんので、一般的には独奏楽器と管弦楽のための楽曲という認識でよろしいと思います。

質問した人からのコメント

2008/6/15 08:19:59

感謝 細かく分かりやすい説明有り難うございました!

「演奏形態とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる