ここから本文です

僧侶の結婚について

アバター

ID非公開さん

2017/2/1510:48:44

僧侶の結婚について

宗教家で高僧といわれる方が独身なのは、戒律があるからだと思いますが、もしそのような戒律がなければ、高僧と呼ばれる方々も結婚しているのでしょうか?

日本では僧侶の結婚が自由となり、ほとんどのお坊さんが結婚していますが、今でも位の高い(あるいは志の高い)お坊さんは独身を貫いているのでしょうか。
貫いているとしたら、妻帯することにどんなデメリットを感じているから独身を貫いているのでしょうか。


個人的には、お坊さんは聖人的であってほしいという願いと(そうじゃない人に帰依したくないから)、結局お布施なども仏様としての活動に使われるのではなく、その奥さんや子供の生活費・養育費に使われることになるし、労力も衆生救済以前に各人の家庭に第一に向けられるので、お坊さんは俗人と違うところで生きていてほしいという希望はあります。

しかし、子育てなどの苦労、家庭を持つ上での煩わしいあれこれなど、体験しないと世俗の気持ちも理解できないのでその部分ではメリットがあるのではないかと思います。


だけど、今の日本の僧侶は中途半端で本気で帰依したいと思うきっかけになるお坊さんが少ないように感じられます。
仏教は素晴らしい教えなのに、それを広めるはずのお寺・僧侶が、民衆の心を掴めない、尊敬・敬愛の心を抱かせない、逆に失望させることが多いのが今の日本のような気がします。

それとも私がまだちゃんとしたお坊様に出会っていないからそう思うのでしょうか?

皆さんはどう思いますか?

閲覧数:
322
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

曹源慧能さん

2017/2/1515:25:11

僧侶の多くは家庭をもっておられて檀家さんの法事やお寺の行事をされています。仏道と家庭の両立はできないという理由で独身を貫かれている方もおられます。
実家がお寺ではない、在家からの出家志願者は少ないので、僧侶が家庭を持つことで後継者が得られるメリットがあります。お坊さんにも生活がありますから、普段はサラリーマン生活をしておられる方もいれば、在宅ワークをしておられる方もいて千差万別なのです。

私はお寺の住職ではありませんが、教師資格は得ており、将来的には梅花講の講師、布教師を目指すつもりでいます。仏道を軸として生活しているか自問しつつ日々生活しています。道心堅固なお坊さんを探すのは至難であると思いますが、強く願えば巡り会えると思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/2/1721:52:09

    返信ありがとうございます。

    お坊さんという職業だけでは食べていけない方もいるんですね。
    今の仏教は葬式仏教で、檀家の月命日、お墓管理などがメインになっているのが残念に思います。
    寺子屋ではないですが、お寺にお坊さんがいて、そこに行き仏教について教えてもらうというのが一番民衆のためになるような気がします。

    私は仏教にこだわりませんが、神に帰依したい気持ちがある(というか気持ちの上ではしているので)出来れば現実に学べる師がいたらいいのにと思いつつ、仏教やヒンズー教について本で勉強しています。

    本当は皆、精神的な師がほしいというか、学びたい、自分も本来の僧侶のようにありたい、という気持ちを持っている人が多いんじゃないかと思っています。
    そいうことを世のお坊さんに知ってほしいです。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

かむほぎさん

2017/2/1515:15:10

独身僧侶も存在しますが、その比率は、民間人と同じ位だそうです。

なお、僧侶の結婚は明治時代に自由化されましたが、以来、外国の仏僧からは

非常に厳しい批判を受けています。

そもそも外国では僧侶の結婚など考えられないことですので、

「日本にはもう僧侶は存在しませんね。結婚すれば僧侶ではないのですよ」と

指摘されています。

また「肉や魚や酒などを口にし、ぜいたく生活するような人は僧侶ではないですよ」と警告する外人僧侶も多くおります。

なお、日本の僧侶の結婚や肉食などを良く思う外国の仏教者は、まずいないそうです。

それから明治政府は、神仏分離(廃仏希釈)をねらって、

「僧侶に結婚や肉食などを許可すれば、僧侶は堕落する」と考えたそうですが、

その予想はズバリ的中していると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

green burgerさん

2017/2/1514:28:39

これは明治5年に僧侶の妻帯が許されたのが始まりです
宗教の決まりを政府が決めるというのも妙な気がしますが
いまでも比叡山の住職などは結婚していません
お坊さんは財産を持ってはいけないことになってます
家庭を持つことも財産を持つことですので
それも捨てなければいけません
https://www.youtube.com/watch?v=-wuqc8dBqMI

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる