ここから本文です

福島の原発事故は、本当はめちゃくちゃヤバイ状態なんじゃないですか?。

アバター

ID非公開さん

2017/2/1617:27:08

福島の原発事故は、本当はめちゃくちゃヤバイ状態なんじゃないですか?。

私は日本人ですが、事情があって海外に住んで居るのですが、ここ3年間で原発事故の放射能汚染を理由に家族で移住して来る家族が激増しました。

あまり多くは語ってくれませんが、彼らは東京に住んでいるのに危険だと言います。

少し突っ込んで聞いても、政府の発表を鵜呑みにしちゃダメだよと言います。

実際はどーなんですかね。

閲覧数:
15,705
回答数:
15

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lul********さん

2017/2/1619:46:34

東京の放射能汚染状況について

東京はどれほど、放射能で汚染されているのでしょうか?

東京の空間線量は、現在のところ0.05μSv/h程度であり、東電原発事故の影響はもはやほとんどないように見られます。

しかしそれは、単に外部被曝の危険性が少ないということしか意味していません。

首都圏の健康リスクは、空中線量つまり外部被曝よりも、むしろ呼吸や食物によって放射性物質を直接体内に取り込むこと、すなわち内部被曝によるものの方が高いと思われます。

その意味では、土壌汚染に注目しなければなりません。

土壌汚染の指標として、一つの基準になるのが、日本の様々な法律によって規定されている「放射線管理区域」です。

「放射線管理区域」は、人が不必要な被曝を防ぐために設定されており、さまざまな制限が課せられております。

たとえばそこでは18歳未満は立ち入りが禁止され、さらに、喫煙・飲食は禁じられています。

言い換えれば、日本の法律によれば、放射線管理区域は、被曝によって健康が害される可能性が充分にありうる場所として規定されているわけです。

放射線管理区域はどのような基準で決定されるのでしょうか。

様々な基準が存在する訳ですが、その基準の一つは、アルファ線以外の放射線に関しては、4Bq/cm2を超えるおそれがある場所です。

単位を換えれば、40000Bq/m2です。

また、土壌1KgあたりのBqに換算すると、文部科学省の換算式によればBq/kg=Bq/m2÷65で換算可能なので、約615Bq/Kg以上の土壌汚染がある地域は、放射線管理区域相当ということになります。

(参考 日本保健物理学会 Bq/kgからBq/m2への変換方法について。)

東京に死の灰が二度降りそそいだ

上記の基準に照らしあわせて、実際の東京の汚染状況はどの程度なのでしょうか?

まず、文部科学省が2011年3月19日から出している、「定時降下物」のデータを参照してみます。

定時降下物とは、要するに原子力事故や大気圏核実験による放射性物質の降下(フォールアウト)、いわゆる「死の灰」のことです。

福島県双葉郡は、Cs-134と137の合計で6440000Bq/m2 すなわち、放射線管理区域の150倍以上という値になっております。

ところが、東京都新宿区も、また埼玉や群馬よりも汚染がひどく、I-131、Cs-134および137の合計で46500Bq/m2もの死の灰が降った事がわかります。

すなわち、2011年3月時点では、東京は(少なくとも新宿は)放射線管理区域相当の汚染状況であったと言えます。

首都圏の土壌検査結果

さて、現時点の土壌汚染はどうでしょうか?

まず、ここでいくつかのことを考えなければなりません。

文科省の「定時降下物」は3月17日以前のデータがないこと。

首都圏には3月15日と3月21日、二回大規模なフォールアウトがあったわけですが、最初のフォールアウトはまったく換算に入れられていません。

したがって、実際には上のデータより、実際の降下物の積算量が大きくなるはずです。

ここで取り上げられている放射性物質は、ヨウ素とセシウムだけです。

ただし他の、もっと測定が困難な放射性物質も存在する可能性はありますが、比較的少量だと考えられています。

土の上に降りそそいだセシウムは、土壌へと沈着すると考えられます。

ともあれ、汚染状況は、土壌検査をしてみるのが最も確実です。

放射能防御プロジェクトによる首都圏土壌検査結果によれば、東京都23区の42箇所の平均で、1006Bq/kgということでした。

この結果は、反原発派によって発信された信頼出来ない、という人もおそらくはいるでしょう。

ですので、公的なデータも参照することにします。

東京都福祉保険局が、東京都新宿区百人町の東京都健康安全研究センターで測定した結果が公表されています(土壌中の放射性物質の測定結果について)。

2011年9月6日の検査結果で、Cs合計で790Bq/kgも検出されております。

最近の土壌検査結果を公開しているWebサイトなどは非常に少ないのですが、たとえば、「日暮里放射能測定所にっこり館」による首都圏の土壌測定結果一覧をみると、東京都文京区の住宅敷地土壌から1282Bq/kgのCsが検出されております。

ishtarist.blogspot.jp/2013/10/google.html

311前、新宿は2Bq/kg以下だった。

2011年後半の新宿は790Bq/kg、更に増加中

バレンチナ先生 → 子供は20Bq/kgの土壌汚染だとまだ安全。

子供は50Bq/kgから危険がはじまる。

大人は200Bq/kgから危険です。

問題は空間線量ではなく土壌汚染だ。

β線も測れるアメリカやロシア製ガイガーを使い、ジップロックなどに入れ、地面に触れないように地表5cmで測る。

地上1mと差があれば土壌が放射能汚染されているという事だ。


【記録】2011年3月14日11時1分

臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより)

この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった

youtu.be/0S15pZvEOFk

福島の真実がここにあります。真実を知りたい方はぜひご覧ください →

脱被ばく実現ネット(動画)

https://www.youtube.com/watch?v=3vsbUPU6p_U&list=PLjF4tckxD_cJMuoe9...

【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】

映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください

無料で見られます

一億人が見たら変わります

一人でも多くつないでください

https://www.youtube.com/watch?v=Vhb5pCXMkxU&list=PLjF4tckxD_cLpvJ6Y...

https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity

東京の放射能汚染状況について

東京はどれほど、放射能で汚染されているのでしょうか?...

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/2/1700:27:27

    気にしてない奴は無知か諦めてるかのどちらかですかね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/21 23:49:43

ありがとうございます。
原発や地震については色々な説がありますが、いずれにしても今の日本国は異常な状態だと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/14件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

eng********さん

2017/2/1916:01:15

こんなことを質問する人、ここ3年間で原発事故の放射能汚染を理由に家族で移住して来る家族が激増しました、なんていう嘘を付く人なのだから「放射脳」なのでしょう。

「放射脳」には無駄なことだが、一般の人に。

「福島信夫山ネコの憂うつ」というブログを見れば、福島の真実は分かります。

GEPR、IOJ、原子力国民会議、エネルギー問題に発言する会、日本エネルギー会議のホームページを見れば原発、福一事故の真実も分かります。

IEEIのホームページを見ればエネルギー問題の真実も分かります。

nor********さん

2017/2/1812:40:23

放射能は目に見えませんから、見えないものを
信じない人にとってはどうってことありませんよ、
でも、セシウム137の半減期は30年だから
事故後まだ6年しか過ぎてないから
まだまだセシウム他放射性物質の威力は延々と
続きますよ、こういう事故が起きたからには
皆さんやばいのは承知の上で日本にいるのではないかな?と?

dic********さん

2017/2/1812:18:42

東京や神奈川に甚大な放射能被害をもたらした原子力発電所を運営する、東京電力や東芝は「大丈夫だ」と言わないと、会社の利益にならなからそういっている。
「大丈夫でない」としたら東京電力や東芝の株が急落するから大丈夫といっている。責任逃れのために。。東京や神奈川はすでに被爆者だらけとみています。

nip********さん

編集あり2017/2/1806:41:47

某サイトから抜粋してのコピペです。

「福島第一原発二号機による地球規模の大惨事の可能性
京都大学大学院教授 竹本修三

~前段省略~

福島事故が解決に向かっている、とは、とても言えない状況である。二号機には、大量の核燃料が残されている。ここから生じる問題は、特別に重大なものとなる。第二号機の商用稼働は1974年7月に始まる。2011年3月11日の事故において、建物の破壊なしに、二号機は高温と高圧という過酷な環境の中で持ちこたえた。しかしながら、長い間使用した原子炉である。長期にわたる放射線照射によって、間違いなく圧力容器は劣化している。もし巨大な地震に見舞われたならば、二号機は壊れ、内部に残されていた核燃料とその他デブリが拡散してしまうだろう。その時、首都圏は居住することもできなくなる。2020年の東京五輪など、まったく問題にならない事態がそこに予想される。」

という事みたいです。

圧力容器の下にはすっかりメルトダウンした核燃料の塊(デブリ)が存在しており、先日発表された調査結果では、650シーベルトというとんでもなく高い数値が計測されました。
これは、人間が即死するレベルで、もう現代の科学技術では取り出し不可能な事を意味しています。
つまり、お手上げ状態なのです。
ヤバし!

aha********さん

2017/2/1804:03:24

やばくないですよ。もしやばかったら放射線の研究者は皆東京から出ていきます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる