ここから本文です

一年前に後縦靭帯骨化症と診断された者です。厚生労働省から”難病”に指定されてい...

bol********さん

2017/2/1821:32:53

一年前に後縦靭帯骨化症と診断された者です。厚生労働省から”難病”に指定されています。

現在の症状は手足の指の軽い痺れと、歩行が両杖で30分程度が限度な状態です。

手術しか治療方法が

無いということが通説になっていますが、現在医師から手術を勧められていますが、何方か針灸治療を含めて、東洋医学的治療で改善された方がいらっしゃいましたら、詳細をお知らせ頂ければ有難いです。 西洋医学的知見は必要ありません。

私は過去2回ほど、椎間板ヘルニアを患いましたが、整形外科で治らないので、駄目元で

鍼で治療して2回とも完治した経験があります。多くの鍼灸院でそのことを話しましたが、

どの先生も信じてくれませんが、本当の話です。家内が証人です。(笑い) そんなこともあり、

藁をも縋る思いで現在、東洋医学的治療法を模索しています。又、漢方薬等で改善された方がいらっしゃいましたら、知見をお願いします。

補足質問に少し補充したいと思います。今までに、後縦靭帯骨化症の専門医からもセコンドオピニオンも頂き、又、10冊以上の関連書物も読破し、ネットでも、沢山の医学論文を拝読していますので、この病気がどんな病気なのかも十分承知をしています。同時に手術を数回もしたのに、症状が改善されず、未だに、手足の痛みと痺れに難渋している方が沢山いることも承知しています。

このような状況がありますので、私自身も、最終的に西洋医学上の手術ををする決断をするにしても、その前に出来る限り多くの選択肢を見つけて、治療の可能性を探ってみたいと考えているのが本音です。 尚、椎間板ヘルニアが鍼治療で
治る筈が無いとのご意見をお二方から頂きましたが、鍼治療で完治したことは紛れもない事実です。何故かと言いますと、2回(30年前と1年前)とも整形外科でレントゲンをとって椎間板ヘルニアと診断され、痛みが酷くて1センチ歩くのも困難だったのですが、一回だけの鍼治療を受けて完治したので、鍼治療院からそのまま歩いて家まで歩いて帰った事実が何よりも証明していると考えています。東洋医学的知見のみを求めていますので、宜しくお願いします。

閲覧数:
1,126
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hig********さん

2017/2/1915:25:05

>現在医師から手術を勧められています

後縦靭帯骨化症は、一度進行を始めると、少なくとも手術で
その神経圧迫を解除しない限り、改善した例はありません。
残念ですが、それが現実です。

>東洋医学的治療で改善された方がいらっしゃいましたら、詳細をお知らせ頂ければ有難いです

東洋医学というのは、言わば補助の医学でしかありません。
病気自体を治す力は、全くありません。治ったというデータは存在しません。
それも、医師以外の東洋医学を行う人は何の研究もしていない
ズブの素人だということをご存じないのでしょうか?

>西洋医学的知見は必要ありません

残念ですが、無駄な行為です。
時間が経過すれば、非可逆性の病態が、ますます悪化するだけです。

>鍼で治療して2回とも完治した経験があります

それは、あなたの過去の症状が、椎間板ヘルニアの症状では
なかったというだけの話です。参考にはなりません。

>家内が証人です

残念ですが、医学的な知識がなければ、何の証人にもなりえないし
参考にもなりません。

>藁をも縋る思いで現在、東洋医学的治療法を模索しています

無駄な行為です。ただ、現状の治療の機会を失うだけのものでしかありません。
因みに言っておくと、医師からも言われたかもしれませんが、
麻痺や、感覚障害などの異常は、徐々に進行し、状況は確実に
悪化します。特に麻痺については、ある程度悪化すると元に戻らなくなります。
戻らないというのは、手術をしても戻らなくなるという意味です。
つまり、いつでも、手術すれば元通りになると思っているのなら、
必ず後悔することになります。時間が経てば経つほど、その傾向は
増加します。医師が手術をすすめるのは、そういう意味も含めての
ことです。お金儲けや、貴方に嫌がらせをしているわけではないと
いうことです。

>漢方薬等で改善された方がいらっしゃいましたら

どんな国の文献を探しても、存在しません。

後は、自己責任です。お大事に。

  • hig********さん

    2017/2/1922:11:03

    >椎間板ヘルニアが鍼治療で治る筈が無いとの

    いえ、残念ですが、それは完全に否定できます
    長い年月をかけて、徐々に質の低下を起こした椎間板が、
    元に戻ることなどありえないので。
    もし、ヘルニアが改善するのなら、施行前と施行後のMRI並びに
    組織検査、知覚検査、筋力検査など数十種類において比較し
    かつ、その事例が貴方だけの例では偶然が入り込む余地が高く
    少なくとも数十人単位のデータが必要です。それが医学的な効果を
    確認するということ

    >出来る限り多くの選択肢を見つけて

    何度言いますが、東洋なんたらで、OPLLが治ったという実例は
    存在しません。それを証明するような質の高いエビデンスがあるのなら、
    まずはそれを示し検討しなければなりません。

    少なくとも医師が行う鍼灸で、それが治ったという例は
    聞いたことがありませんし、まして、医師以外が医師以上の
    効果を出せるとはとても思えませんが、如何でしょうか?
    何かそう思う根拠でも有りますか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hos********さん

2017/2/2215:14:16

椎間板ヘルニアが治ったという質問者様のご意見は他でも良くあります。私自身、施術者ですが経験もあります。が、それは椎間板ヘルニアの痛みではなかった可能性が高いです。
椎間板ヘルニアも存在していたが、痛みは違う機序からきていたというものです。
徒手検査をしても、大体のことは、わかります。そして悪循環をなくしていく中で、ヘルニアそのものも、消退していくタイプのものがあります。
ご質問の案件では、まず、画像で確認されているのでしょうから、Drの治療方針に従うのが、基本路線だと思います。ただ、症状が消えない場合は、鍼灸などの補助療法も考慮すれば良いと思います。

for********さん

2017/2/1907:09:19

先の回答者さんが言われるように、椎間板ヘルニアと後縦靭帯骨化症は病変組織自体が異なるので比較にはなりません。

漢方薬や鍼灸は効果はないと思います。

カイロプラクティックについては厚労省が後縦靭帯骨化症は禁忌疾患に指定しています。

これは、症状が悪化するからです。

ネットには難病の人の弱みに付け込む素人治療師がイカサマ情報を流しているので注意が必要です。

hon********さん

2017/2/1900:09:20

椎間板ヘルニアは脱出した髄核が吸収されることなどで自然治癒する疾患なので、鍼を受けているうちに症状が完治することもあります。質問者様の2回の体験談が「鍼によって完治した」という証明にはなりません。

また、後縦靭帯骨化症で骨化した靭帯は吸収されたりはしませんので、自然に治癒する可能性は更に低くなります(姿勢や生活習慣などで動的な脊髄への圧迫が減って症状が軽減することくらいはあるかもしれませんが...)

歩行する際に両手に杖をつかなければならないほどの重症であるならば脊椎の専門医の方針に従うことをおすすめします。手術時期が遅くなれば術後の予後も悪くなります。あれこれ試しているうちに適切な治療を受ける機会を逸しないように注意しましょう。

あと、後縦靭帯骨化症の患者さんは転倒などの軽微な外傷でも症状が急に悪くなったり、麻痺が生じたりすることがあります。頸部のマニピュレーションなどを行われる可能性のある整体やカイロプラクティックなどは禁忌と考えたほうがよいと思います。お大事にして下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる