ここから本文です

ナチス・ドイツの公的研究機関「アーネンエルベ」と軍事組織による歴史研究につい...

国家紅星黒十字党さん

2017/2/2016:26:09

ナチス・ドイツの公的研究機関「アーネンエルベ」と軍事組織による歴史研究について質問です。

「アーネンエルベ」とは、アーリア人種の人種学や歴史学の研究を行うことを目的として、親衛隊の全国指導者であったハインリヒ・ヒムラーらによって1935年に設立されたナチス・ドイツの公的研究機関である。
この研究機関は、先史時代や神話時代の「北欧人種」が世界を支配していたことを証明するための様々な研究活動を行っていたそうですが、ここで質問です。
軍事組織が歴史研究を目的にした部署あるいは研究機関、学会を設けることは、何らかの利益や貢献を齎すことはあるのでしょうか(その規模が大学組織レベルになったとしても・・・)?

アーネンエルベ,研究機関,ナチスドイツ,軍事組織,ハインリヒ・ヒムラーら,ヒムラー,戦訓

閲覧数:
61
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

のけさん

2017/2/2016:59:18

別に軍事組織が歴史研究をすること自体はなにもおかしくない。どの国でも戦史研究は過去の戦訓を学ぶため非常に重視されていおり、専門の機関と専任職員を置いているところだって珍しくありません。

ただし、アーネンエルベについては別です。というか根本的な勘違いをなされています。
ヒムラーはSSの長官である以前に、ナチ党の幹部です。アーネンエルベはSSではなく党に直結する組織であり、ヒムラーはSS隊員ではなくいち党幹部としてその成立を後押ししているのですよ。別にSSなんていうものに、直接的な関係は存在しないんです。

  • 質問者

    国家紅星黒十字党さん

    2017/2/2017:11:09

    pzkpfw1bさんに質問です。

    軍事組織が歴史研究する場合、それは精々戦史研究のみなのでしょうか?
    それとも、戦史研究ばかりだけでなく、遺跡の発掘や美術品の学術研究、そして民俗学や宗教学などの研究を行うのでしょうか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる