ここから本文です

NASAが39光年離れた3つの系外惑星に、生物が存在する可能性があると発表したらしい...

マーリンさん

2017/2/2312:30:57

NASAが39光年離れた3つの系外惑星に、生物が存在する可能性があると発表したらしいですが、そこに生物がいるということを確認することはできないでしょうね。
行ってきなきゃわかりませんよね?

補足バイオマーカーを積んだ光を送ったとしても、72年間待たなければいけないわけですね。

閲覧数:
129
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Hot Jupiterさん

2017/2/2320:05:54

確証を得るためにはサンプルリターンが必要ですが、高い確率で存在を示唆する証拠を見つけるだけなら、現地に行かなくても可能です。

今回の系外惑星はトランジット観測によって見つかったものです。
トランジットの場合、その惑星が母星の前を横切ることによる光度変化を観測しますが、その際の光には、その惑星の大気圏を通過した光が混じっていることになります。

ということは、トランジットが起きてない時のスペクトルと比較することにより、その系外惑星の大気成分を推測することが可能なわけです。
もしその分析の結果、メタンや酸素など、生命起源を強く示唆する物質が多く含まれていれば、かなりの確率で生命が存在すると考えられます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/2/2315:18:12

そりゃそうです。
何か採取して持って帰ってこなきゃ、分かりません。

ただ、電波を発する文明があるなら、何か人為的なパルスをキャッチでもできれば・・・

ですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

wil********さん

2017/2/2315:12:40

確かに、生物の存在の確認はしんどいですね。
知的生命体で、かつ地球人と同等レベルならば、電波望遠鏡で人為的な電波を検出する手があるのですが。

ぽんきちさん

2017/2/2315:05:21

「確認」というのが現物を捕まえることであるなら、当然ですが行かなきゃ捕まえられません。

間接的な証拠(生物がいなければ生じない現象、バイオマーカーと呼ばれる)であれば行かなくても見つけられる可能性はあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる