ここから本文です

航空法第60条に計器飛行方式に必要な装置ということで色々と定められてます。 こ...

アバター

ID非公開さん

2017/2/2423:57:02

航空法第60条に計器飛行方式に必要な装置ということで色々と定められてます。
この中で、
ジャイロ式姿勢指示器→分かります。
ジャイロ式方向指示器→分かります。

すべり計→いわゆるボールですよね。分かります。
ジャイロ式旋回計→これって何でしょうか?

単発機の小型機に搭載されている旋回計はイメージが沸くのですが、ジェット機等の旅客機に搭載されている旋回計って一体どのようなものを指しているのでしょうか?

閲覧数:
623
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nai********さん

2017/2/2509:12:25

施行規則145条の項目ですが、その後に但し書きが有って、
航空機のあらゆる姿勢を指示することが出来るジャイロ式
姿勢指示器装備をしている航空機にあっては旋回計は
装備しなくても良いという文言が有ります。
B747-400 やB777のPFDには旋回計は
装備されていないと思いますが。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nan********さん

2017/2/2512:08:38

姿勢指示器のジャイロが従来の作動式ではなくレーザージャイロに
なってから精度が上昇しましたので航空法に書かれている
旋回計は搭載しなくてもよくなりました。
>NDのフライト トレンド ヴィクター
の旋回予想ベクターは旋回計では有りません。
この速度でこのバンクで旋回すればこうした半径で
旋回するだろうと計算されるだけです。
旋回計は旋回率;スタンダードターンはワン二ードルで360°/2min;
を示すものです。

ans********さん

2017/2/2508:38:09

ジェット旅客機でも基本は小型機と同じです。
古めの機体だとスタンバイ計器に小型機と同じアナログの旋回計が付いてたりしますが、今のものはデジタル表示になっていて姿勢指示器の上に表示されています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる