公正証書遺言について。 母がすでに他界していて、父が名義人の持ち家があります。

公正証書遺言について。 母がすでに他界していて、父が名義人の持ち家があります。 そこで質問なのですが、私は絶対に持ち家を相続したく無いので、父に公正証書遺言を書いて貰うという約束を父の意思で決めて貰いました。 仮に、公正証書遺言で、父が兄に持ち家と土地を相続させる。私と妹2人で現金を全て相続させる。と書いた場合、確実にそれが履行されるのでしょうか? 後で父が勝手に公正証書遺言を書きかえる事は可能なのでしょうか?(そうなると困るので。) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13168131003

補足

例えば、父が死んで相続放棄の時効3ヶ月が経過する前に、兄が相続放棄して家庭裁判所が申述書を受理。 しかし、後から私が公正証書遺言を出して、兄の相続放棄を無効にして、兄に持ち家を相続させ、私達に現金を相続させる事は可能でしょうか? その場合、兄は持ち家を二度と相続放棄できないのでしょうか?

ベストアンサー

0

遺言書は後から作り直す事は勿論可能です そして後の日付が有効なるので 前の遺言書は無効になります

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく説明ありがとうございました。

お礼日時:2017/3/1 23:42

その他の回答(2件)

0

貴殿の希望通り、お父さんに遺言書いてもらえるなら、 そうしたほうがいいと思うで。 お父さんには、それが一番あとで揉めないよと話すしかないね。 あとで、書きかえることも可能だけど、 それはそれでだれにも止められない、仕方のないことよ。

0

>後で父が勝手に公正証書遺言を書きかえる事は可能なのでしょうか? 公正証書で、前の公正証書遺言を取り消すこともでけるけど、自筆で〇年〇月〇日付遺言公正証書による遺言を取り消すと後の日付で書いて、署名捺印があれば、これも適法な自筆遺言やから、前の遺言公正証書は無効やで 遺言は、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言のどれでも優劣はないねん。後の日付のもんが有効やねん 持ち家を相続したくないゆうのやったら、生前に兄に贈与してもろたら確実や