アン・ソンジュやイボミなど日本で活躍しているプロゴルファーは皆日本語が堪能ですが、日本語をしっかり勉強してから日本ツアーに参戦するのですか?

日本語 | ゴルフ507閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

何年もいたら普通にしゃべれるようになる。 よっぽど馬鹿じゃなければ・・ ゴルフだけなら日本語はそれほど必要がないが、生活していくうえでは語学が必要。ここでストレスになり成績に影響される。 語学がわからなければ移動も大変だし、食べ物もまともにたべれない!! イチローは通訳がついていますが、完璧に話すことができます。 マー君がメジャーにいったとき同僚にからかわれてたときイチローが通訳していました。

0

日本語ができないと不利ですよ。ストレスなく試合に挑めるし、プロゴルファーはツアー賞金以外の収入も強くなればなるほど多いですから。 日本に長く居て日本語を覚える気がなかったのはジーコとトルシエぐらいなものです。

0

ある程度は勉強してくるでしょうが、日本に来てから学ぶ人が多いです。日本人サッカー選手が海外に行くときも、はじめは少しだけって人が多いのと同じです。選手間で結構話しますから、そういうのとか、キャディとか、恋人とかで覚えるようです。 全く・・・というかほとんど話せない人もいますよ。代わりに英語は話すとか。通訳だけの人は見た事ありませんが、マネージャー兼通訳的な人がいたり。 強い人ほど日本語を求められる機会が多くなるので、話せるように努力しますね。アメリカに参戦する韓国人なんかは、英語教師を雇う人もいるそうです。