ここから本文です

スミチオン乳剤について。浸透性が無いのに、説明では「植物の体内に食入した害虫...

aku********さん

2017/3/1117:07:27

スミチオン乳剤について。浸透性が無いのに、説明では「植物の体内に食入した害虫にも有効です」となっていて、どのような仕組みなのか疑問です。本当にネギコガの駆除に使えるのでしょうか?

閲覧数:
746
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bro********さん

2017/3/1208:57:08

下記リンク(PDF)で確認できる様に、スミチオン剤には植物の体内へ浸透する「浸達性」があります。よってネギコガにも有効です。

スミチオン水和剤(品目特性参照)
https://www.i-nouryoku.com/prod/PDF/0250%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%81...

但し、オルトラン剤の様に浸透した上で各部へ広がっていく「浸透移行性」はありませんので、かけ残しが無い様丁寧に散布して下さい。

質問した人からのコメント

2017/3/12 09:00:29

いつも分かりやすくて助かります。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mad********さん

2017/3/1118:39:45

フェニトロチオン(MEP)は、接触毒ですね「植物の体内に食入した害虫にも有効です」は潜んでいるという意味だと思います。
ちなみに浸透移行性と浸透性はやや意味が違いますから。
ご参考になれば幸いです↓
http://www.naro.affrc.go.jp/org/tarc/seika/jyouhou/H10/tnaes98123.h...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる