ここから本文です

クレジットカードとカードローンの金利差について。 両者は根拠法の違いはあれ...

ucyuunohateさん

2017/3/1201:40:48

クレジットカードとカードローンの金利差について。

両者は根拠法の違いはあれど、大きなくくりでは「借金」です。

しかし、この二つでは使い方によってはとてつもない金利差になります。

私はクレジットカードを所持してますが、限度内の1回払いであれば基本的に金利はつきません。
100万円が限度額だとして1回払いで100万円を払えば無利息ですよね。
しかし、カードローンの場合100万円を借入すれば、べらぼうに高い利息を取られますね。

どうして借金なのにこんなにも金利差があるのでしょうか?
カードローンは現金が手に入ることがメリットですが、今の時代大きな買い物は電子決済が多いですよね?そんなに需要があるのでしょうか?

また、一般的に同額だった場合、審査はどちらが厳しいのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

閲覧数:
185
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yukeapさん

編集あり2017/3/1221:28:36

ショッピング1回払い(二ヶ月を超えない)の根拠法はなんですか?
ショッピング1回払い(二ヶ月を超えない)は割賦販売法の適用外であり、貸金業法、出資法にも適用しません。
割賦販売法の適用は二ヶ月を超える1回払い又は2回払い、分割払い、リボ払いであってマンスリークリア方式は適用外です。
その為、抗弁権の接続の主張も法的根拠に基づき主張できません。
あくまで信義則を基にできるかどうかの判断です。
現金支払いとあまり変わらない扱いです。
大きくは借金でしょうけど。

ただ、大半の1回払いにする人は別にその時の購入金額の数万や数十万がないから使っているのではなく、あくまで決済の手段として使っているだけでお金に困ってるから借りているわけじゃないでしょう。
あえてその決済手段を利用しているだけです。

キャッシング、カードローンをする人はお金が基本的にない人です。
リスクがある方に貸すから金利が高くなります。
金利はリスクに応じて高くなります。
たまたま手持ちがないならクレジットカードの1回払いで十分なのです。
現金を借りる必要性はありませんし、私は今までキャッシング はしたことはありません。
もしするのであればお金に困った時でしょう、

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「カードローン」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

soutann0120さん

2017/3/1209:20:44

やはり、クレカ会社も簡単に言うともうけを出したいわけです。
で、たまたまちょっとお金がないってときは大体現金で少ない金額じゃないので数回払いにするんです。

今必要ってときに銀行のローンとかを借りるとか思いつかないんです。
それでついつい借りてしまう→銀行ローンは通りにくくなるということで
そのまま金利が高いまま払って、クレカ会社の社員の給料になっている

と、私は思っています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

d51_slx2013さん

2017/3/1202:07:37

クレジットカードのショッピング1回払いは加盟店から手数料が入り、利息は付きませんが、クレジットカードのキャッシングは借りた日数だけ手数料が取られます。

クレジットカードのキャッシングは50万円以下は実質年率18%のものが多いのですが、カードローンは15%以下というのはよく見かけます。同じ金利にすればカードローンの方が審査に通り易いと思いますが、クレジットカードのキャッシングは金利が高いと思います。
http://www.smbc-card.com/nyukai/pop/cash_riyou.jsp
http://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。