ここから本文です

デリバティブ取引(オプション取引)をコツコツ行っていますが、満足なポジション...

アバター

ID非公開さん

2017/3/1216:52:23

デリバティブ取引(オプション取引)をコツコツ行っていますが、満足なポジションを取ろうとすると最低100~150万円は最小単位で必要で、手元資金が少ないので大きな取引ができずにいます。

似た商品のイーワラントがありますが、あらかじめ買い取り価格と販売価格が決められておりその差益分の手数料が大きいことからネット上でも「手を出してはいけない商品」という意見が散見されます。

そこで一度本当に「手を出してはいけない」jほど不利な商品か検証してみたく造詣の深い方にご教示いただきたく存じます。

・イーワラントにおけるオプションのプレミアムにあたる価格は販売価格+(販売価格-買取価格)と考えてよいのでしょうか。
(それであればワラントン価格にある係数をかけることでオプションのプレミアムに近い数字になるように考えたからです)

なかなか分析されているHPなどが少ないワラントについて明るい方ご教示願います。

閲覧数:
86
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

2017/3/1223:53:16

販売価格、買取価格、はそれぞれ業者の現時点でのオファーとビッドという意味ですか?

その場合オプションのプレミアムは販売価格、または買取価格です。差ではありません。理論的には仲値で考えます。

割高、割安を検証したければとりあえずブラックショールズ式にストライク、今の値段、オプション期間、ボラティリティ、配当、金利(ゼロでいいです)を入れて検証すればいいと思います。期間が短く(一年以内とか?)ストライクがスポットとずれてなければそんなに問題ありません。しかしボラティリティは難しいです。ヒストリカルでとってみて妥当かどうか検証しないといけないですね。

しかし個人向けの商品で「手数料」が安い商品はなかなかありません。また一般的に言って、商品が複雑になる程コストがかかります。流動性からみても低流動性なほどコストがかかります。つまり現物が一番コストが安いです。強いて言えば指数プットオプションでストライクがすごい低いやつを売るというの 戦略はアリかと思います。ディープアウトなオプションはトレーダーも値付けがよくわからないのでミスプライスしている可能性があるからです。取引できるかどうかは知りませんが…

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/3/1310:59:05

    おっしゃる通りボラティリティの評価にはまだ理解が及んでいないので勉強したいと思います。ヒストリカル・ボラティリティから算出可能?のヒントいただけましたのはありがたく存じます。

    当方の質問内容である販売価格・買取価格・プレミアムの関係についてお尋ねしたのは、販売価格・買取価格の差の取扱についてです。
    一般のオプションの教則本では上記の概念なく、プレミアムと権利行使価格によりオプションの損益グラフが示されていますが、(この時点での手数料は無視なので当然ですよね)、eワラントにおいては販売・買取の2つの価格があるため、損益グラフを作る際に迷ったためです。

    これを書いているうちに思ったのですが、買い手の買取価格をプレミアムとして、売る時点での価格差損失を足し込むのが実情に合うのではとかんがえたのですが、ご意見頂けますと幸いです。

    ちなみにB&Sモデルの配当とは指数オプションでは1.0としてよいのでしょうか?

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/3/13 19:12:55

細やかなご回答ありがとうございます。
また勉強させて下さい。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2017/3/1301:30:20

プレミアム+(販売価格-買取価格)=販売価格になるはずだお(´・ω・`)
売買スプレッドである(販売価格-買取価格)が実質的なコストだお
買取価格にヘッジコスト+αが上乗せされたのが販売価格になるお
だからプレミアム=買取価格って思っていいんじゃないかお
https://www.ewarrant.co.jp/faq/#a2

どのくらいスプレッドがあるのかは知らないし原資産やレバレッジによっても差が出るだろうから何ともゆえないけど、マーケットメイク方式で取引されるから大証で取引される225オプションなんかよりはコストは割高になるはずだお
プレミアムの理論価格は通常のオプションと同じようにブラックショールズモデルなんかで計算できるはずだお

何も考えずに取引すれば割高な手数料が取られるだけだけど、指数以外にも個別銘柄やコモディティを原資産としたものもあるしニアピンとかトラッカーとかいろんなタイプの商品があるし、研究してみる価値はあるんじゃないかお

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lan********さん

2017/3/1217:11:58

やったことないですけど、生命保険と同じようなものだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる