ここから本文です

雅子妃殿下はなぜ皇室へ? 皇太子妃雅子殿下は、小和田雅子さん時代に皇太子殿下...

shi********さん

2017/3/1309:39:19

雅子妃殿下はなぜ皇室へ?

皇太子妃雅子殿下は、小和田雅子さん時代に皇太子殿下のお妃候補と騒がれていた際、とても迷惑そうな顔でマスコミの取材を受けていらっしゃいましたが…。



結局、適応障害で公務に一部しか出られない状態ですし…。

先日の政府主催の東日本大震災追悼式典は、皇太子両殿下では無く秋篠宮両殿下が出席されました。雅子妃殿下の適応障害の影響でしょうか…。

昨年のローマ法王への表敬訪問も、秋篠宮両殿下でした。
天皇陛下は天照大神の子孫であり神道の最高司祭、ローマ法王はカトリック教会の最高司祭。
この様なとても重要な訪問に、皇太子両殿下では無いという事は…やはり雅子妃殿下の適応障害…。

雅子妃殿下は、なぜ皇室へ入内なさったのでしょうか?

あと、今の雅子妃殿下の御状況を見て、あなたはどうお感じになられていますか?

閲覧数:
8,471
回答数:
9
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsu********さん

2017/3/1522:58:33

外務省勤務のキャリア女性には違いないが、

結婚して夫を支える妻や子育てする母、
ましてや皇室には
全く不向きな女性。

晩婚だから不妊症だったとも思います。

ご成婚当時、皇太子が雅子さんに執着していたように見えました。

雅子さんも皇室の華やかな一面と、皇室に新しい風を!と勘違いして結婚したのでは。

美智子さまの今までにない子育て(乳母はやめる等)は、皇室の古いしきたりに従い、忠実堅実に公務をこなされたから、宮内庁やまわりの人から徐々に理解と協力を得られたのだと思います。

雅子さんみたいに、いきなり自己主張したら、そりゃあ反感を買います。で、自分の希望が通らず適応障害。

公務をしないくせに、静養はがっつり。専業主婦のくせに、愛子不登校で教育も失敗。

日本一つかえねーヤツ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「雅子妃殿下」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2017/3/1508:54:21

こんにちは。

そうなんですよ。私も鮮明に覚えています。
マスコミに囲まれて、ひどく迷惑そうな雅子さんでした。
この結婚はないなと思いましたね。
しかし、他の回答者さまが答えていらっしゃる様に色々あったにしても
それは結局雅子妃殿下の決断に他ならないと思います。
皇室に入らなければ、雅子妃殿下は違う人生を颯爽と歩まれていた事でしょう。
しかしそれは推測に過ぎません。
現在の立ち位置は、最終的にご自身でお決めになられた事です。

他の人には分からない領域です。

mom********さん

2017/3/1508:33:58

皇太子のストーカー。まさか皇太子は逮捕できないが、一般人なら警察沙汰だったと思われます。

tak********さん

2017/3/1413:47:14

長男がダメなら、次男に、後を継がせたら良いでしょう、つまらぬ事で騒ぎ過ぎです、日本の国民達は、

kum********さん

2017/3/1400:49:14

小和田雅子さんはマスコミが作り上げた候補であった
元々本当の皇太子妃候補じゃなかった。
数々の条件を持っても当てはまらない女性なのにマスコミが煽った。
昭和天皇の時代に断られていた。
(その際、母親の小和田優美子はなぜ、うちの娘じゃダメなのかと宮内庁に
怒鳴り込んだという週刊誌記事あり)

一度小和田側は諦めたかのように思えたが、
高円宮夫妻が手引きして会わせ、雅子さんも何度も皇太子に会いに来ていた。

小1~高校2年まで雅子さんは日本で教育を受けていながら
皇室を理解できなかったというのは家庭環境に問題があったのでは
普通の日本人の家庭なら皇室が質素堅実伝統を重んじる最古の家系ということを
よく知っている筈

正田美智子さんも川嶋紀子さんも受けたブライダルチェックを
雅子さんは拒否した。妃教育の途中で投げ出した。
新婚当初から昼夜逆転生活
公務ドタキャン、遅刻等は当初からで参拝儀式も身に付けられない雅子さん

24年間も皇室にいても不適合なのですからこれからも治らないでしょう。
多動や発達障害など障害系ではないでしょうか?

語学にしても雅子さんの優秀な面は国民は一度も見たことが無い

アバター

ID非公開さん

2017/3/1323:00:57

極めて平凡な一国民としては「大変だな~」と思います。

秋篠宮殿下の御成婚の頃、友人等(私の友人なので皆、私同様ミーハー)が言っていたのは「あれだけ素敵な妃殿下だと、それ以上の妃殿下を捜さないといけない人は大変ねー」と無責任な噂話をしていた。

結局、同次元でそれ以上の方なんていらっしゃるのかしらという、これも無責任なダベリングをしていた頃、別次元の、つまり卓越した知性と学歴、キャリアウーマンという魅力ではなかなか右に出る人はいないと思われる人に決まった事が報道されました。

いずれにしても我ら庶民には遠い世界でどうでもいいような事ではあるのですが、思うに「百点満点のお妃」と言われている人の二番煎じでも何でもいいので、とにかく適応できる人の方が良かったのではないか。凡人が90%の国民と心を共にする立場の方は、知性が前面に出るタイプでない方が向いてると、これまたミーハーの無責任なダベリングではあるのですが‥。

伝統に従うタイプとそうでないタイプの人がいるのは一般人でも同じ事ですけど、伝統を大切にするタイプの方が頭が悪い訳ではない。あくまで一般論ですが、自分の知性を前面に出して伝統は二の次か、自分を一部否定しても伝統の一部となる事に使命を見出すか、その判断にはいろいろな段階があると思います。どういう判断をするか、どういう選択をするか、それは知性の差ではなく、広い意味での教養の差なのだと思いますね。

国民のかなりの割合の人が皇室を尊敬するのは、学者だとか音楽が堪能だとかだからではなくて、ご自身を後にしても伝統を大切になさり国民を気遣ってくださるからではないでしょうか。尊敬の理由って案外、知性や技能とは直接関係ないんだと思いますよ。まあ、国民の大部分は自分の知性や技能にはっきり自負のある人種ではないからかも知れませんけどね‥

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる