ここから本文です

鎖骨下静脈のトリプルルーメンのIVHルートにてCVPを計る時は、白の太いラインのル...

sak********さん

2008/6/1523:08:29

鎖骨下静脈のトリプルルーメンのIVHルートにてCVPを計る時は、白の太いラインのルートを使うそうですが、なぜでしょうか?

閲覧数:
4,173
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nit********さん

2008/6/1708:54:08

どのメーカーのカテーテルをお使いか分かりませんが
一番太いルーメンがカテーテル中央の先端に開孔しているからでしょう。
他のルーメンの開孔は側壁ですので血管壁に当たって正確な圧が測定できない場合があります。

質問した人からのコメント

2008/6/20 21:48:37

ありがとうございます。
自分でも調べてみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

さん

編集あり2008/6/1709:19:21

3本のルートをつなぎ替えてみて、差があるか比べてみて下さい。どのルートでも同じ数値で測れる筈ですよ。

先端に開口しているカテーテルでも先が血管壁に当たって正確に圧を反映できないこともありますが、細いルートは閉塞しやすい傾向があるので、太いラインが推奨されているのだと思います。
色は関係ありません。

sc4********さん

2008/6/1523:34:06

管が太いから・・・中心静脈圧が伝わりやすいということじゃないですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる