ここから本文です

103万円以上、130万円以内の扶養内で働いている主婦です。 今年は初めて103万円を...

ymn********さん

2017/3/1607:04:58

103万円以上、130万円以内の扶養内で働いている主婦です。
今年は初めて103万円を超えて130万円以内で働き、ギリギリの128万円程度におさめておきました。
先日、確定申告に行きました。

の計算では約128万円でしたが、税務署の方に源泉徴収票を渡して計算して頂くと、約123万円でした。
あとから、給与明細を見て計算すると、交通費が非課税通勤手当となっており、課税支給額だけを足したものと、税務署の方が計算して下さった額が一致しておりました。
交通費も課税対象になると思っており、交通費を含め、税金を引かれる前の所得で計算していたのですが、非課税通勤手当というのは所得に含まれないのですね?
そうであれば、今年度からは純粋に課税支給額だけを足して130万円以下で働いても問題ないということでしょうか?
ちなみに通勤は4.5キロの距離をバス利用しております。

非課税通勤手当,課税支給額,交通費,税務署,所得,社会保険,非課税交通費

閲覧数:
446
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ame********さん

2017/3/1607:37:20

130万の方には交通費含めます。
だから、交通費除いて130万ギリギリしたら、健康保険の扶養からは外れます。


健康保険料は、税金ではないから非課税とか課税とかは関係なく計算されるからです。

質問した人からのコメント

2017/3/16 07:54:11

なるほど。
非課税なら交通費は抜いても良かったのかと思ってしまったので、危なかったです。
非課税・課税…むずかしいです。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mim********さん

2017/3/1607:32:49

非課税交通費は税の計算には含めなくていいです。課税対象額で計算して下さい。源泉徴収票には非課税交通費は含まれていないので、源泉徴収票の支払金額が給与収入となります。
しかし、130万の壁の社会保険の扶養である場合は、130万の計算には非課税交通費でも含めなければいけません。106万を超えていて社会保険に既に加入なら問題ありませんが、どうでしょう?

ちなみに、130万の壁は月で通勤費を含めて108,333円を継続的に超えても扶養から外れてしまうことがありますので注意が必要です。健康保険組合の判断によります。社会保険の扶養であるなら、交通費を含めて月108,333円を超えないように気を付けて下さい。

106万の壁には非課税交通費は含まれません。しかし、現在501人以上の事業所しか適用されていませんが、平成31年10月から全員に適用されることが決まっています。こちらも週所定労働時間が20時間以上、年収が106万円以上、月収が88,000円以上、雇用期間が1年以上全部の条件を満たしておりますと、社会保険加入しなければなりません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

com********さん

2017/3/1607:12:49

所得に含まれないということではなく、所得の中に課税所得と非課税所得があるということです。
何が非課税所得になるかは下記サイト(国税庁サイトのPDFのページ)に書いてあります。
https://www.nta.go.jp/ntc/kouhon/syotoku/pdf/01.pdf#page=5

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる