ここから本文です

元インテルのレコバという選手はどうゆう選手でしたか??プレー集の動画を見てみ...

gfy********さん

2017/3/2013:20:42

元インテルのレコバという選手はどうゆう選手でしたか??プレー集の動画を見てみたら凄かったです、、、レコバの全盛期を知っている方詳しく教えて下さい。

閲覧数:
1,077
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syulassssさん

2017/3/2022:06:19

利き足は左足で、得意なプレーは、目を見張るテクニックと爆発的なスピード、トップスピードに乗ったままの細かいタッチでのドリブル、強烈かつ正確なロングシュートやミドルシュート、鋭く曲がるフリーキック…
元日本代表MFの中村俊輔とアルゼンチン代表FWのリオネル・メッシを合わせたような選手である。
レコバは、一人で試合を決められる強烈な個を持った「ファンタジスタ」だった。
戦術に全くとらわれない自由奔放なプレースタイルで知られ、好調時には、左足一本で1人で試合を決めてしまうプレーぶりから「左足の独奏者(ソリスト)」とも称えられたが、不調時には「夢遊病者のようにグラウンドをうろついているだけ」と批判された。これらの激しい好不調の差は、極端なときは絶好調と絶不調の波が試合の前半と後半で現れることもあった。全盛時でも乱調のシーズンが多かったが、神懸かった時のプレーの印象は鮮烈で、多くのインテルファンに愛されてきた。特にインテルでのデビュー戦での40m級のロングシュートと、同じく30m級の直接FKは今日でも語り草となっている。同試合でデビューした怪物ロナウドの存在が霞むほどであった。

「今日の試合が雨上がりのピッチならば、僕の左足で虹を描いてみせるよ」
自身の才能に絶対的自信をもつレコバの言葉はあまりにも有名…。

レコバの全盛時代にインテルで監督を務めたマルチェロ・リッピは、レコバについて「その凄絶な個人技が、チームのためでなく、あくまで彼個人のショーとして披露されることを許容できない」として、ベンチに置くことも少なくなかった。レコバがインテルでの晩年に、監督を務めたロベルト・マンチーニからは出番を与えられず、不仲が続いた。マンチーニはレコバがチームを去る際、「驚異的な才能を備えた選手だと常々思っていた。特に若い頃は素晴らしかった。私のキャリアの中でもあれ程の有り余る才能を目にする機会は無かった」としながらも「観戦する側としては楽しめるが、監督の身分としてマネジメントするには困難な選手だった」と述べている。

長年クラブの会長を務め、インテルのパトロンであるマッシモ・モラッティはレコバの大ファンとして知られており、全盛期に数多くあった他クラブからのオファーをことごとく断っていたという。このことから、「モラッティの秘蔵っ子」ともしばしば称されていた。


東アジア人のような顔立ちをしていることから、チーノ(el chino)の愛称で呼ばれていて、背番号20が気に入っているようで、クラブや代表でよくつけていました。
趣味は寝ることらしく、サッカーの次に好きなスポーツを睡眠と語っており、休日で予定のない時には夕方まで寝ているそうです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/3/21 12:32:29

とても分かり易かったです。ありがとうございましたm(_ _)m

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる