ここから本文です

解答解説をお願いします。

アバター

ID非公開さん

2017/3/2021:05:30

解答解説をお願いします。

にせ物,にせ物硬貨,解答解説,天秤,最小,偽物

閲覧数:
42
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

o_yuki_23さん

編集あり2017/3/2112:28:30

まず、Aの3枚がBの3枚よりも軽いことから、Aの3枚の中に偽物の硬貨があることがわかります。しかし、何枚あるかはわかりません。
そこで、Aの3枚の中からにせ物の硬貨を探しましょう。
方法は、Aの3枚の中から2枚を選び、天秤に1枚ずつ乗せます。
それがつり合わなかった場合、軽かったほうがにせ物ですね。選ばなかった残りの1枚は、見つけたにせ物の硬貨とつりあえばにせ物です。

つりあった場合は、2枚ともにせ物か、本物です。これは、選ばなかった残りの1枚と選んだ2枚のうち1枚を天秤に1枚ずつ乗せてはかればわかります。

つまり、Aの中からにせ物を見つけ出すには、最小で2回です。(ここで2枚のにせ物を見つけ出せる事もありますが、必ずではないです。)

Aの中ににせ物硬貨が1枚あった場合、もう1枚のにせ物硬貨は、Cの中にあります。(もしBの中にあったら、AとBはつりあうはずだから)
では、Cの中からにせ物硬貨を見つけ出しましょう。
方法は、Cの4枚を適当に2枚づつに分けます。それを天秤に2枚づつのせます。そして軽かった方ににせ物硬貨があります。
軽かった方の2枚を、1枚ずつ天秤に乗せます。軽かった方がにせ物です。

つまり、Cの中からにせ物を見つけ出すには、最小で2回です。

よって、最小であと4回天秤を使うことになるので、答えは3です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。