ここから本文です

織田信長のように寡兵で奇襲(強襲?

tri********さん

2017/3/2301:13:42

織田信長のように寡兵で奇襲(強襲?

)の上手い大名を教えてください。

1、大嶽砦、丁野砦への奇襲戦
暴風雨に好機と見た信長は馬廻り1千人ばかりを
引き連れ自ら先頭指揮を行って
大嶽砦、丁野砦を奇襲し落としたそうです。

2、刀根坂の戦い
そして刀根坂の戦いでも敵が退いていると思うと
味方を置いてか追いつけないかの速度で
信長自身が先頭指揮を行って朝倉軍の後方に
奇襲し散々に打ち破ったそうです。

3、天王寺の戦い
この戦いでは味方(明智光秀など)が天王寺砦にて
本願寺勢に包囲・攻撃されたのに
たった100名ほどで急いで駆けつけ
これも急すぎて味方が集まらず
結果、3千ほどの兵数で1万5千もの敵に
奇襲か強襲をしかけ自身が鉄砲で脚を打ち抜かれるほどの
激戦だったそうですが勝利したそうです。

4、桶狭間の戦い
いわずと知れた桶狭間で奇襲か強襲かと意見は
分かれていますが大兵に寡兵で
自身が槍を振るうほどの勢いで奇襲か強襲したとされます。


こんなに自分で味方が追いつけぬほどの
迅速さで陣頭指揮を取り寡兵で敵に
奇襲か強襲なり挑みかかり勝利を収める大名を
あまり知りません。

いましたら教えてください。

閲覧数:
108
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

武蔵さん

2017/3/2311:59:25

真田昌幸

上田城合戦で2度徳川の大軍を寡兵を持って撃退している。

昌幸は家康との手切れを決断し、徳川軍の侵攻に備えて7月15日に次男の信繁を人質にして上杉景勝に従属する。閏8月、真田領の制圧を狙った徳川家康と北条氏直は、鳥居元忠、大久保忠世、平岩親吉ら約7,000の兵力を昌幸の居城・上田城に、藤田氏邦を沼田城に侵攻させた。 昌幸はわずか2,000の兵力で徳川軍に1,300人もの死傷者を出させるという大勝をおさめている(第一次上田合戦)。結城晴朝のもとに上田の戦勝の知らせが届いた時にはその数字は2千人に膨れ上がり、晴朝は「誠に心地好き次第」として喜んだ。この上田合戦を契機に真田氏は、武田の旧臣から信濃の独立勢力(大名)として豊臣系大名の間で認知されることになった。同様の構図による戦いは幾度か再戦があり、少なくとも2度以上あったとされる。一方、家康は上田の敗戦を受けて、北条氏との同盟強化に乗り出さなければならなかった。また、氏直は沼田攻めを手掛けるも、落とせなかった。

家康の三男・徳川秀忠が率いる約38,000の部隊が江戸を発して中山道を下り、9月6日(10月12日)には上田城攻略を開始し、昌幸は2,000の兵力で篭城して迎え撃った(第二次上田合戦)。秀忠はまず、真田信幸と本多忠政を使者にして昌幸の帰順を勧告している[64]。しかし昌幸はこの交渉で帰順すると思わせぶりな態度を見せながら土壇場になって態度を翻して抗戦の意思を示して秀忠を挑発。秀忠軍を城攻めに集中させる手をとった。昌幸は信幸が上田の支城である戸石城に攻めてくると、信幸に功を挙げさせるためと同族の流血を避けるため、同城の守備を担当していた信繁に城を放棄させて上田に撤退させた。

昌幸は徹底した籠城策を取り、時には出撃して奇策を用いて秀忠軍を散々に翻弄し、秀忠は城攻めに手を焼いて9月9日に小諸に撤退した。この際の徳川軍の惨敗ぶりは徳川方の史料であるにも関わらず「我が軍大いに敗れ、死傷算なし」とまで伝えられている。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

he0********さん

2017/3/2304:25:15

大名と言えるかどうかわかりませんが、源義経がそうです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pqr********さん

2017/3/2303:52:13

歴史ってそんなものやん。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる