ここから本文です

ラテン語では、語末の子音字と直後の母音字はつなげて発音するのでしょうか? 例...

the********さん

2017/3/2516:07:57

ラテン語では、語末の子音字と直後の母音字はつなげて発音するのでしょうか?
例えば、nunc et in の場合、c と e、t と i はつなげて、「ヌンケティン」のようになりますか?

閲覧数:
206
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsc********さん

2017/3/2518:37:51

うん、微妙なところですね。
たしかに当時の録音などは残っていませんが、幸いに厳格な韻律で書かれた詩が残っています。また、文法学者が発音についてもいろいろ書き残しているので、ある程度の推測はつきます。また、口語体のラテン語が今日のいわゆるロマンス語に変化したので、現在のフランス語、スペイン語、イタリア語の発音の仕方からもラテン語の発音の仕方を推測することができます。
周知のように、フランス語にはリエゾン、エリジョン、アンシェーヌマンというものがあります。単語と単語はくっつくときとくっつかない時があります。
les amisであれば、リエゾンで「レ・ザミ」とくっつけて発音されます。
しかし、et amisなら、リエゾンはなく、「エ・アミ」です(「エ・タミ」とはならない)。
ラテン詩の韻律から判断すると、単語と単語はくっつけて発音されることが多いことが明白です。ただ、散文となると、やはり別々に発音されることも多かったでしょう。nunc et amiciなら、やはりetの後は軽く切って発音されたでしょうね。
(nunc et)は場合により、くっつけて発音されることもあり、分けて発音されることもあったでしょう。
散文の場合も、キケロの演説ではclausulaeというリズムが頻繁に使われています。演説でもリズムが大きな意味を持っていたのです。単語と単語がくっつけて発音されていたことが多かったことは明白です。ただ、常にくっつけて発音されていたわけではないことも確かです。場合によるのです。
Ave Mariaなどのグレゴリオ聖歌は中世になって成立したもので、古典期の発音の参考にはなりません。

質問した人からのコメント

2017/3/29 15:53:48

ありがとうございました。勉強になりました。
ラテン語って古い言葉なので微妙な所があるようですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fal********さん

2017/3/2801:09:14

音節に分けた時、語末の子音が単独の時には直後の母音字とつながります。
nun-c et in
となりますので、読むときには
nun/c et/in
となり、c と eはつながります。
t と iはつながりません。

詳しくは
https://basnico.files.wordpress.com/2014/09/prime-lezioni-di-foneti...
http://www.uniba.it/ricerca/dipartimenti/sata/dipartimento/docenti/...
等を参考にしてください。

sig********さん

2017/3/2517:14:28

つなげて発音することはしません。

でも、当然録音は残っていないので、昔どう発音されていたか確実なことは分かりません。

eeh********さん

2017/3/2517:07:47

You Tubeで Preghiera in latino Ave Mariaで検索すればこの言葉がどのように発音されてるのかが聞けます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる